「働く高齢者」は金のなる木 年金減額で国庫に毎年1兆円

生活

年金受給者は一定の所得控除を受けられる。
労働者の同じ収入よりも優遇されている。
しかし公的年金等控除見直しが報じられた。
この公的年金等控除が縮小・廃止だと高齢者には所得税・住民税の大増税になる。
年金75歳支給へのカウントダウンも始まった。
「人生65年時代」から「人生90年時代」への転換だ。
65歳以降は合計月収46万円までは年金減額されない。
しかす64歳以下は給料、年金の合計月収が28万円を超えると年金が減額される。
その額7000億円。
今後は65歳以上も年金減額を廃止する動きもある。

ますます生活しにくい高齢者が増えるように感じる。
一定の生活水準を保てる人は良いが「本当にギリギリ」の人はどのように暮らしていけばよいのだろうか?
「65歳以上でも若くて元気」は大変好ましい。
しかし「いつまでも現役と同じ水準を国に収めてください」というのは大幅なムダをカットしてからだろう。
まずは経費の無駄使いをしっかりと管理してほしい。

「働く高齢者」は金のなる木 年金減額で国庫に毎年1兆円 | マネーポストWEB
 年金受給者は最低でも年間120万円(65歳以上の場合)の所得控除を受けられる。そのぶん、同じ額を給料として受け取るよりも、税負担は少なく済む。だが、今秋から始まる税制改正の論議では公的年金等控除を見直しに動くことが報じられた。この公的年金...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました