2017-12

生活

中年がお年寄りに…電車内で高齢者に席を譲る年代がまるで「老老介護」

★考察★ 「電車内で高齢者を見かけたら席を譲るほうだ」という設問に対して 20代〜60代でアンケートをした結果、年令が高くになるに従って席を譲る人が増えている。 その理由の一つで記事では以下のように語る。 「私も若い頃は、席...
余暇

日本で感銘を受けた光景、それは「車椅子の高齢者に対する駅員のサポート」=中国報道

中国メディアが「東京で車いすのお年寄りを見かけたが、駅で手厚いサポートのもと無事乗車することができた」と感銘を受けたようだ。 こうした駅員の対応は、日本らしい気配りと親切の表れと言えそうだ。 筆者は「日本社会の経済発展の成果のな...
健康

高齢期を「どう生きる」 ニッポンの大問題

★考察★ 生きることと同様に死ぬことは必然。 しかしタブーとされてきた。 若いうちは「自分が死ぬこと」に現実味がない。 しかし高齢者になり否が応でも向き合わざるを得なくなってくる。 友人知人など同年代の死を迎える、もしくは死亡...
注意喚起

年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない

★考察★  年金13万円で生活できない?と考える人もいるだろう。 しかし、高齢者はお金ががかかる。 介護保険、医療費、薬代、 それに自分では体の調子もあり働きたくても働けない。 そういう状態を鑑みて考え無くてはならない...
注意喚起

高齢者の窒息予防 餅は1センチ角以下に

★考察★ 年末年始のお餅は子供の頃から過ごしてきた大切なお正月の習慣です。 多くの考え方がありますがあまり神経質にならずに 「(お餅、硬いもの)〜ではダメ!」や「(もっと細かくしなくちゃ】〜しなくちゃ食べられないでしょう!」 などの...
健康

高齢者をインフルエンザから守る 里帰りのお土産にしないために

発症してしまった場合は、若者感覚で「寝てれば治る」と楽観せず、早めの治療につなげることが大切です。 全国でも、ちらほらとインフルエンザの注意報が出されるようになりました。 間もなく本格的流行に入っていくものと思います。 例年、12...
注意喚起

中国スマホ社会で高齢者置き去り、タクシー拾えず救急搬送の悲哀

皆さんのご意見をぜひ一言でもよいので書いてみてください。 皆さんどうしの交流のためニュースを配信しています。 ★考察★ 中国では日本が時代遅れぐらいスマートフォンでの支払いが進んでいる。 それに合わせて多くのサービスの予約をスマ...
健康

肺がん手術後の高齢者の生活追跡調査へ

肺がん手術を受けた高齢者が術後に体力低下で生活に影響が出る事が多いので、術後の生活の追跡調査を行うことになりました。 目的は患者が手術を受けるか、治療法を選択する際の参考にするためだ。 負担のかかる手術を行うと生活行動ができなくなる...
注意喚起

自転車保険、義務付け加速  相模原市条例案が可決

★考察★ 皆さんは自転車と高齢者の関係性についてどんな印象をお持ちでしょうか? 高齢者と自転車 は親和性が高い。 時間に比較的余裕のある高齢者は近隣に出掛ける時に自転車を利用する。 特に平地の多い場所、ここでは相模原...
注意喚起

環境省 「高齢者のごみ出し」支援 自治体を調査へ 

 環境省が高齢者世帯への「ごみ出し支援」制度の実態把握をおこなう。 集積所までごみを運べないお年寄り世帯が増えており、支援へのニーズが高まっている。 制度を持つ複数の自治体からヒアリングし自治体に役立ててもらう。 またごみの収集時...
注意喚起

若手介護職 どう支える 高齢者施設で虐待

高齢者施設で入所者が虐待され、死亡する事件が8月にあった。殺人容疑で逮捕された男は「腹が立ったから」と語った。思うようにいかないことによる衝動的な感情からなのか。介護現場の現状を掘り下げようと取材に臨んだ。 ★考察★  皆さん...
注意喚起

<ほっとタイム>女子中生4人、連係プレーで高齢者助ける

★考察★  おはようございます。 河北新聞のニュース 中学1年生の少女4人組が転んでいた高齢者男性を見つけ連携プレーで自宅まで送り届け、学校にも報告して素晴らしい活動をした。 ここまではよくある。 素晴らしいこと 中学生たち...
余暇

高齢者に優しいおせちを 加古川の認知症支援団体などがレシピ

牛乳で作る「ミルク餅」の雑煮など、軟らかく、喉に詰まりにくい高齢者向けおせち料理のレシピ6品を兵庫県加古川市の認知症支援グループと兵庫大栄養マネジメント学科(同市平岡町新在家)が協力してまとめた。高齢者だけでなく、家族みんなで囲める...
生活

危機の社会保障増える生活困窮者安全網をどう維持するか

「とてもみんなの顔は覚えられない。分かるのは4割ぐらいです」 区役所ケースワーカーは法定の担当数「1人につき80世帯」を約280世帯担当している。 生活保護の受給世帯数は毎年、過去最多を更新している。昨年度は月平均で約1...
高齢者

葬儀参列、ドライブスルーで 焼香は窓越し 長野で導入

 高齢者や身体の不自由な人らが葬儀に参列する負担を減らそうと、長野県上田市の葬儀場が車から降りずに参列、焼香できる「ドライブスルーシステム」を導入する。葬儀業界では初めての試みという。  「ドライブスルー葬儀場」となるのは、冠婚葬祭業のレ...
生活

10分で理解するデジタルの「旬」

加速する少子高齢化に“打ち手”あり! デジタル技術が可能にする安心な暮らし ★考察★  本文に「見守りは3種類:東京福祉保健局」 1地域住民の「緩やかな見守り」 2民生・児童委員などがが訪問する「担当による見守り」...
注意喚起

高齢者の骨折は多職種チームで治療せよ!

富山市立富山市民病院の「大腿骨近位部骨折患者に対する多職種連携アプローチ」*ここでの骨折は「大腿骨近位部骨折」のこと。  日本は高齢化社会で特に骨粗鬆症の高齢者骨折の増加している 足の付根の骨折は家族介護負担が大きく、生活の質(...
健康

高齢者ケアで東京より圧倒的に先へ進んだ被災地 少子高齢化時代にお年寄りの健康を守る注目すべき取り組み

★考察★  被災地である相馬市にある井戸端長屋 ここで高齢者同士が互いに支え合うシステムで共同生活が進んでいる。 「高齢者同士の支え合い」だ。 首都圏などは高齢者は日本全体の25%の850万人の高齢者が住んでいる。 ...
生活

「高齢者ホットスポット」の知られざる脅威

高齢化率を上げている場所ホットスポットと呼ぶ。 その理由の大きなことは「定住」 公団住宅や一軒家で引っ越さない人々が多いと想像がつく。 若い人は必ず年老いる。 持ち家率は現在も30代からぐんと伸びる。 ポイントは「子育て ...
健康

高齢者は週15時間未満の労働がもっとも幸福度高い

高齢者は週15時間未満の労働がもっとも幸福度高い ★考察★ 実際に港北区限定!プラチナ世代交流フリーペーパーえがおの取材などでお元気なプラチナ世代に会うことが多い。 その多くの人達は「活動」の楽しさを知っているように見える。 ...
タイトルとURLをコピーしました