認知症カフェや研修!

えがお
Pocket

おはようございます。
昨日は午前から取材の後菊名みんなのひろばで行われる大豆戸地域ケアプラザ主催の認知症カフェと、市民セクターよこはまの主催するキャラバンメイトフォローアップ研修が同時に並行して行われました。そちらのサテライトスタッフのつもりで参加させていただきました。
へ早速伺うと既に到着していた88歳とおっしゃる女性の方と一緒におしゃべりをしていました。とても楽しい方でいろいろな話題を次々とお話ししてくださいました。

ご本人に許可をいただき撮影掲載しています

お生まれの地域の事、育った地域の事、ご家族の教育、ご自分が横浜に越してきた理由、若い頃にしていた仕事、子供たちの成長の度合い、今楽しみなこと、毎日の日課、歳をとってわかったことなどなど本当にたくさんのお話を聞かせていただきました。
聞いている時も「あんたはどう思う?」とか「私はこう思うんだけどね」とこちらの気持ちなども汲んでくださる優しさもたくさんあって、楽しい時間でした。


この後認知症をキーワードに集まってくださった方々や、市民セクターよこはまのキャラバンメイトフォローアップ研修に集まった方達と一緒におしゃべりや学びを楽しみながら有意義な午後を過ごしました。

暖房がしっかり効いて温かい中でフォローアップ研修を学ぶことができました!


私の考えとしては

認知症であってもなくても出会った人そしてそこに暮らしている人そして私も含めて皆さんに優しくできたらいいなと強く思っています。

認知症であるからとか困りごとを抱えているからだからケアをする接し方を変えるのではない社会が早く近づいてきたらいいなと強く強く思います。

Pocket

タイトルとURLをコピーしました