「えがお」カテゴリーアーカイブ

9/8のえがおの仲間 お知らせの内容です。

フリーペーパーえがおからお知らせ

一般社団法人地域コミュニティ振興協会が発行主体になり
「えがお」は地域を超えて発行していきます!
江東えがおが10月15日、新創刊されます!

これにより プラチナ世代を取り巻く情報を「地域を点と点で結び、将来、面で覆い、より豊かな提案をプラチナ世代に届ける」ことができます。
またエール(季刊誌:100歳時代を見込んだ雑誌)との連携を開始。
地域の話題や交流が選択肢として「全国」を背景に持ちます。
県予選で広く大きく参加(えがお)し、県大会優勝で勝ち残り甲子園(エール)のイメージを構築する。レインボータウンFMの番組で「いいね!情報局」 江東「えがお」のPR番組開始

1 発行部数が8月発行は11,000部! 9月は12,000部(予定)
1月発行 5,000部→  2月発行 6,000部→ 3月発行 6,500部→ 
4月発行 7,000部→  5月発行 8,000部→ 6月 9,000部→ 
7月発行も9,000部→  8月発行は11,000部→ 9月号は12,000部印刷予定
2 港北区いいね!情報局!の創設(一般社団法人地域コミュニティ振興協会との連動を視野に)
これまでの「高齢者に有意義な情報」から「有意義な『えがおの勧めるサービス』を
掲載」 することで紙面の幅を広くします。有料の記事広告にも対応します。
3 文壇コーナーを全体とバランスを合わせます。
人気の文壇コーナーですが選者の意見を反映して「より絞り込んだ掲載」を
1 短歌 俳句コーナーに適用します。
2 川柳コーナーはこれまで通り多作を尊重しこれまで通りで参ります。
4 小見出しの活用2
特に表紙のその人の人生年表に小見出しを活用し見やすくしました。
5 情報コーナーの枠を撤廃して情報をより多く。色分けを徹底しました!
このコーナーの趣旨である「アクティブなのに自宅で過ごすプラチナ世代」を街を楽しむ
人に変える、からすれば多くの情報が主になります。依頼が多く広告価値も出てきました
6 反響がこれまでにくらべ増加!
音楽系 体操系 地区センター 女性リーダー 低価格などキーワードが浮かび上がる
7 個人手持ち配布が増加!
新店舗アピタテラスに支援者さんの尽力でえがお常設置き場を公式に確保
配布協力者が増えて「もっと配れるよ」と声をかけてくださる事も増えてきました!
8 認知症関連活動で高齢者に「えがお」の浸透を図る
図書館との連携(認知症) 地区センター祭りに参加 地域の認知症の学び支援
日吉地区のフェアに登壇 市民セクター横浜から認知症講演依頼
大豆戸地区保健師から登壇依頼 スリーA指導養成講座受講 石堂書店で講座予定
9 えがお が 地域を埋めていく
日吉地区で1400部 綱島地区で400部 大豆戸地区で650部 大倉山地区で400部
地域の連合町内会、老人会、シニアクラブに浸透していきます。
介護施設に全体で400部以上配布中。理美容協会に250部増加。
10 えがおの支え愛 実行準備
大田区で実施中の「みま〜も」イメージを「えがおの支え愛」として次年度から開始
→えがおの仲間
2018年2月より毎月開催!
→えがおの講座 2018年6月より毎回開催
6月 薬剤師が語る「向精神薬よもやま話し」港北区ひとみ調剤薬局 代表東原氏 登壇
7月 NPO法人フラットハート 青木理事長「地域と共生する施設運営」登壇
8月 港北区図書館長木下豊氏 城郭マイスター 二宮博志氏 登壇 
  「城・人 つながりって素晴らしい」 港北区公会堂第1会議室 
9月 NPOコミバス市民の会「コミバスの詳しいことを知ろう」
(8/8より天候不順のため延期で9月開催 本日)
→えがおの支援者    高齢者本人
→えがおのサポーター 高齢者の人生に大切な専門業種や地域・企業
→えがおの記者養成講座       えがお記者養成講座 
→えがおの役割  高齢者の活動できる内容を創出 など企画中

朗報!えがおの講座! 予約可能!
10月 ギャラリーカフェ夢うさぎ、大倉山ミエル 鈴木千賀子さん 
「コミュニティーカフェのよもやま話」 10/8(祝)13時〜15時 15名限定
新・大倉山ミエル(大倉山4−36−26)にて 「コミュニティカフェ四方山話」
NPO法人 街カフェ大倉山ミエル 代表理事の鈴木智香子さん参加費 
特別企画 ミエルのドリンクお菓子付き 700円

2018年 平和記念式典での広島県の湯崎英彦知事のあいさつ

6日の平和記念式典での広島県の湯崎英彦知事のあいさつ

 原爆犠牲者の御霊(みたま)に、広島県民を代表して、謹んで哀悼の誠を捧げますとともに、今なお、後遺症で苦しんでおられる被爆者や、ご遺族の方々に、心からお見舞い申し上げます。

 草木も生えないと言われた被爆75年をあと2年後に控え、私たちは今大きな波にさらされています。

 一筋の光明は、広島と長崎で我々がくぐり抜けた筆舌に尽くし難い非人道的な経験が、本当は口にしたくもない被爆者の長年にわたる証言によって多くの国に共有され、核兵器の非人道性に軸足を置いた核兵器禁止条約が国際的に合意されたことです。

 他方、世界では各地で国際的緊張が高まり、核兵器国は競って核兵器の更新や能力向上、さらには「使える核兵器」の開発にまで進もうとしています。これは、いまだに核兵器国を中心とする国々が、核抑止力による力の均衡を信じているからです。

 では、核抑止力の本質は何か。簡単に子供に説明するとすれば、このようなものではないでしょうか。

 「いいかい、うちとお隣さんは仲が悪いけど、もし何かあれば、お隣のご一家全員を家ごと吹き飛ばす爆弾が仕掛けてあって、そのボタンはいつでも押せるようになってるし、お隣さんもうちを吹き飛ばす爆弾を仕掛けてある。一家全滅はお互い、いやだろ。だからお隣さんはうちに手を出すことはしないし、うちもお隣に失礼はしない。決して大げんかにはならないんだ。爆弾は多分誤作動しないし、誤ってボタンを押すこともないと思う。だからお前は安心して暮らしていればいいんだよ」

 一体どれだけの大人が本気で子供たちにこのような説明をできるというのでしょうか。

 良き大人がするべきは、お隣が確実に吹き飛ぶよう爆弾に工夫をこらすことではなく、爆弾はなくてもお隣と大げんかしないようにするにはどうすればよいか考え、それを実行することではないでしょうか。

 私たちは、二度も実際に一家を吹き飛ばされ、そして今なおそのために傷ついた多くの人々を抱える唯一の国民として、核抑止のくびきを乗り越え、新たな安全保障の在り方を構築するため、世界の叡智(えいち)を集めていくべきです。NPT(核不拡散条約)運用検討会議も開催される2年後の被爆75年に向けて、今こそ世界に向けて立ち上がり、行動するときです。

 私たちの、そして世界中の子供たちに、本当の安心をもたらしてやるために全力を尽くすことが、我々日本の大人たちの道徳的責任だと確信いたします。

 結びに、広島県としても、将来の世代のために核兵器を廃絶し、誰もが幸せで豊かに暮らせる平和な世界を残すことができるよう、世界の皆様と行動していくとともに、高齢化が進む国内外の被爆者援護の更なる充実に全力を尽くすことを改めてここに誓い、平和へのメッセージといたします。

 2018年8月6日

イベント実施します! 「城・人 つながりって素晴らしい」

イベント名

「城・人 つながりって素晴らしい」

フリーペーパーえがお主催:えがおの講座  
後援 港北経済新聞 公益財団法人日本城郭協会

2018年8月25日(土)18時30分~20時30分
港北公会堂 第1会議室 90名限定。

登壇者
お城ジオラマ復元堂 代表  
城郭復元マイスター 二宮 博志氏

横浜市教育委員会
港北図書館長 木下豊氏 

テーマ
2017年4月6日(城の日)に続日本100名城に小机城が選定され、その後、わずか4か月で城郷小机地区センター会場を超満員にして盛り上がった「小机城フォーラム2017」は、どのようにして開催出来たのか。その舞台裏と盛り上げのキモ、その後、何が起きているかを知る。

Ⅰ部
「城の魅力・人の魅力~小机城フォーラム2017の意義、そして、今、何が起きているか~」
お城ジオラマ復元堂 代表  
城郭復元マイスター 二宮 博志氏
人と人が城つながりで出会って、ひろがり、盛り上がる。今、ジオラマや城プロデュースで全国各地の観光振興等に駆け回って大活躍中の城郭復元マイスター二宮博志氏をお迎えし、昨年、小机城フォーラム事務局を担った経験談や今、各地で城ブレイクしている近況を伺います。

Ⅱ部
「人・まち・こころ・つながり~地と知の拠点、城と図書館の親和性は抜群~」
横浜市教育委員会
港北図書館長 木下豊氏 
まちとまち、人と人をつなぎ、二宮氏との出会いから2か月で小机城講演会やジオラマ展示会を図書館で開催し、そのつながり力を活かし小机城フォーラムをコーディネートした早わざを、今や図書館界で全国級の知名度となった港北図書館長の木下豊氏から伺います。

参加費 900円(資料代・ソフトドリンク代込み)
★申し込み★
このページで参加としていただくか、もしくは
以下のメールアドレス・FAXにてお申し込みください。
kouhokuegao@gmail.com
FAX 045-299-6432

お問い合わせ
フリーペーパーえがお
担当 本間
090−8305−1006

港北区限定!プラチナ世代交流フリーペーパー「えがお」の取材

取材先はやはり素敵な高齢者さん
そういう方々とお話をしている自然に癒やされるのはこちらの方だ。
先日の取材でもお話をしているうちにこちらが笑顔になって
「それでどうしたんですか」「もっと聞かせて下さい」というように前のめりになってくる(^^)

この素敵なプラチナ世代さん
お話を知りたい方は次号8/15発行9月号をお楽しみに!

掲載希望

おはようございます。
ここの所掲載希望が増えてきました。
ここに載せてほしい
表紙にどうか?
告知してほしい
取材に来て とお知らせを受けることが多くなりました。
ぜひ詳しくお知らせできるようにしていきたいと思います。

がんばります!

編集長の様子

編集長の様子
一昨日39.8度
昨日38.9度の・・・気温ではなく
ぼくの体温。
病院に2日連続行きました。

深夜2時頃に「悪寒」で目覚めて
寒さに耐えられずジャンパーを着込んでいました。
それでも寒く震えるのでお風呂沸かして飛び込み、そのまま2時台から6時過ぎまでお風呂であたたまる。
その後はエアコン切った部屋で少しずつ体力が回復するのを待ち、夜間医療相談#7119に電話して朝9時過ぎに病院に直行。
1日目は「熱中症でしょう」とお薬を、2日目は「喉からくる高熱ですね」とお薬をもらい今は落ち着いています。
2日仕事が遅れた分を取り戻せるようにがんばります!

えがお8月号! 7/15発行

えがおの8月号
早速配布をしております!
毎月15日発行です!
次は8月15日です!

フリーペーパー「えがお」からお願いです!
ぜひ複数持ってお友達に差し上げて下さい。
「うつ病を克服し今が一番幸せ!」と語る浅沼やゑ子さんです!
表紙、わんちゃんえがお散歩隊、取材希望サークル、宣伝希望イベント、注意喚起、ボランティア募集、意見投稿、おすすめ情報(お店、サービス、団体など)お知らせください。掲載は確約はできません
手配りをお願いします     
「えがお」は現在、新聞折り込みは実施していません。
お届けさせていただいた皆さんのご協力をぜひお願いします。
高齢者さんから、次の高齢者さんに届くためにぜひご協力ください
えがおの目的!
プラチナ世代同士でもっと楽しめる! 少しの勇気で楽しい集まりに参加できる!自宅にこもりがちの方にこそおしゃべりや外出を楽しんで欲しい!
★情報掲載は無料です!★

議事録 えがおの仲間

7月8日日曜日13時からえがおの仲間が開催されました。
この日のえがおの講座は「NPO法人フラットハートおからさんの青木理事長」に登壇していただきました。

地域社会との共生とのタイトルでお話をいただきました。

青木理事長の社会福祉事業をするまでの経緯や、ご家族状況等について詳しくお話をされ、青木さんがおからさんを設立された必然性等を感じました。

周囲の社会福祉起業家の方たちが集まることやその方たちの協力のおかげであること、子育て支援施設、介護施設、老人福祉、認知症問題など幅広く取り扱っていることに参加者は感嘆していました。

お越しになった方からの質問で介護事業所や障害者施設などが設立されるときに周囲から苦情が出るとのお考えについて質問がありました。
参加者の中に障害者福祉に関する方々が多くおられ多彩な意見交換がされました。

8月8日(水)18時30分からえがおの仲間、19時〜20時30分までえがおの講座を開催します。
次回は「コミバス市民の会の詳しいことを知ろう」と題してコミバススタッフをお迎えし、コミバス市民の会がどのような形で、どのようなきっかけで、そして今、どのように活動しているのかお話しいただきます。
参加費500円