認知症の講習会を担当しました

えがお
えがお えがおからのお知らせ えがおからのお願い えがおのレポート えがおの内容 すてきなプラチナ世代さん 介護 健康 地域 楽しみ 注意喚起 生活 知識 認知症 高齢者
この記事は約2分で読めます。

おはようございます

2月16日(日)は高田地区の町内会にお伺いしてきました。

こちらで認知症の講習会をと依頼を受け、担当させていただいたのです。
連合町内会長を始め各地区の班長が集まる大変重要な会議でした。

こちらで認知症のことを語り、特に地域に認知症の方が普通におられる時代になっていることやその方たちを支えていくためにはどのような気持ちで向き合ったらいいのかをお話しさせていただきました。

私の拙い説明でどこまでお伝えできたかは分かりませんが、心を込めてお話をしてきました。

何より「認知症は当人が何よりも困っている事」を伝えたかったのです。

周囲の人を困らせている事はあるでしょうが、それは認知症の当事者は全く望んでいるわけではなく、どうしようもない結果、周囲に影響与えてしまうことが多いのです。

ぜひその気持ちを汲んでいただきたい。

そして地域の方たちこそ、皆さんこそ何よりもその暮らしを支える担い手であることをお伝えしたかったのでした。

ぜひ共有していきたいと思います。

介護職経験10年3000日以上認知症介護に携わってきた私から皆さんへの講座等お受けいたします。

以下のフォームにご記入の上ご送信ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。