慶応大学名誉教授 「流域思考」 岸先生のお話を聞いてきました!

えがお

「私たちの地球温暖化」
11月25日の夜に岸 由二 (慶應義塾大学名誉教授 )のお話を聞いてきました。

近年起きている大雨による河川の危険性の増大。

そこに対応するには自治体地図だけでは意味をなさず

「流域地図」という概念を取り入れてハイブリッドで対応していくべき。

全国109ある一級河川の中で唯一港北区に大きな流域を持つ「鶴見川」がこの思考を取り入れている・・・

というお話でした。

その岸先生が12/1港北区でもお話をしてくれます。

鶴見川と遊水地の“ひみつ” ぜ~んぶおしえます

ぜひ参加してみてはいかがですか(^^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました