台風一過 鶴見川多目的遊水地のこと

えがお

おはようございます。

昨日は最大級の台風19号が関東以北に多くの被害をもたらした日になりました。

昨日は本来なら配布開始の日でしたが配送業者さんももちろん配送業務自体を中止。

よって一日どこへも出ることも出来ず、自宅待機。

そこで飛び込んできたのが結果的には間違いでしたが

「鶴見川氾濫」→氾濫危険情報や似た言葉を信じてしまった人の発信でした。

川の氾濫、それも鶴見川クラスは国に損害を与える大きな事。

それから鶴見川のことを一心不乱に調べ始めたのでした。

そこで知人に鶴見川や治水、流域環境の専門家が居てくれたのですぐに連絡を取りました。

もちろんえがおを通じて知り合った方々でした。アドバイスを求めると

「多目的遊水地」の容量は巨大です。
でも今回の台風の威力は想像よりも大きい可能性がある。 
その時は下流に氾濫があり得る。

10/12 17時前 左側の鶴見川→右側が遊水地です

勾配がゆるくなり流入もあと少しとの印象でした。


今朝は

10/13 10時すぎ 左側の鶴見川→右側が遊水地です

同じ場所での写真です。

今はもう平気ですが昨日の緊迫感がわかると思います。


安易な判断や遊水地への依存はやめて、何よりも避難。

安易なツイートを信頼せず、事実に基づいた情報を共有できるように努めました。

科学的な裏付け、事実に基づいた判断、専門家の信頼できる直接の情報をもとに情報共有できたと思います。

遊水地への流入は夜遅くまで続き、その威力を発揮しました

しかし・・・あと1時間、激しい雨が流域に降っていたら・・・

そして何よりも我が家のことを妻が精一杯努力してくれたおかげでした。

感謝します。

 

流域センターで川のこと、治水のこと、流域のことを学びませんか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました