認知症サポーター養成講座開催報告

えがお
大人気!フリーペーパーえがおとは
Pocket

12月27日水曜日午前9時から港北スポーツセンター研修室において認知症サポーター養成講座を実施いたしました。

今回は港北スポーツセンターさんのご好意で3時間以上場所をお借りすることができたのでできました。
おかげで新しい取り組みを挑戦することができました。

1 認知症サポーター養成講座をしっかりと行うこと

2 大豆戸地域ケアプラザの主任ケアマネージャー小沼さんよりこのエリアで行われている認知症の取り込みについてたくさんの資料とともに活動の多くを紹介することができました。

3つ目は横浜市総合保健医療センターの川中さんのご提案により若年性認知症当事者の方にお越しいただきご本人のお話を聞いていただく事ができました。


この日地域の民生委員さんや看護学生さん司法書士さんまた一般住民の方から、また東京からも駆けつけてくださった方もいらっしゃいました。


1の認知症サポーター養成講座では動画などを使い認知症のイメージを大切にしながら、正しい理解を伝えそして地域の中で小さな活動が起こしていけるようにキャラバンメイトとして支援させていただきました。

その後大豆戸地域ケアプラザ 小沼さんはチームオレンジとして地域が取り組んでいることや各認知症カフェの情報、また2月に行われる認知症のイメージを変える図書館の集いについて詳しくご説明いただくことができました。


このように地域の中で行われていることを知ることでこの街全体が温かい街に変わっていくことを期待しています。

3 認知症若年性認知症当事者の方にお越しいただきお話をしていただきました。コーディネーターの川中さんがご質問をし、そしてそれに答えると言う形式でした。
診断にまつわる経緯やその時にどのように思ったのか、ご家族の対応、また現役世代の方ですのでお仕事との関わりや生活との関係性などいろいろな方面でお話を聴くことができました。

複数の質問が寄せられて一つ一つに丁寧に答えてくださっている印象がとても強く残っています。

今回の取り組みで開催終了後に、それぞれが意見交換したり、直接ご相談をすることができました。
その場で新しい交流が生まれ、これからの地域の取り組みに参加したいと言う方も現れてきました。

このように地域の方達が一人ひとり集まってくることで新しい交流が始まります。
またエリアを超えて自分の活動をのきっかけになり、このエリアで体験したことをお互いの姿が見え会話が重ね交流が来る街になっていくと実感しました。
企画していたことの全てができ、想像以上に新しい取り組みがその場で生まれていくようなそんなきっかけがありました。

ありがとうございました。

次回は2024年1月8日祝日の午後1時から午後3時まで、大豆戸町内会館にて無料で認知症サポーター養成講座を開始いたします。ぜひお越し下さるようによろしくお願いいたします。どなた様でも無料です。また当日飛び込み参加も歓迎いたします。可能でしたら、以下の連絡先にお電話をいただいておくと助かります。

09083051006 本間

Pocket

タイトルとURLをコピーしました