えがおの日開催報告 2023/07/16

えがお
大人気!フリーペーパーえがおとは
Pocket

この日は真夏の気温で外出は控えましょうと言うお知らせが出ている位の日でしたが皆さん健康に留意してお越し下さいました。この日は懐かしい和食のカレー様と言うことでSBのフレークのみを使ったカレーをつくりました。と思っていましたが八百屋さんの協力などで野菜だらけの本当にびっくりするほど歩だらけのカレーになりました。中でも圧力鍋で次々と蒸していて野菜はやらかくてごろごろしていて美味しくて。最初は想像 しなかったのですが結果的には無水カレーと言うことでお水を全く使わないカレーが出来上がりました。ご飯もいつも通り16国米を追加して色が全く違うおいしそうなお米が出来上がりました。これを着た方たちに振る舞わせていただいてこの暑い盛りに20五食以上のカレーが販売することができました。また定番になりつつあるあいうえおうどんの売り上げも用意した30食も全部完食。皆さんおいしいからとリピーターになってくださる方も増えてきました。この日は普段来てくださる古瀬さんがお休みだったので ボランティアさんを募ったところなんとバイアウトの先生でパンや食事の講座などを作って担当していらっしゃる土井さんが来てくれました。明るいお人柄と皆さんとどなたとも真剣に向き合う誠実なお人柄でお友達を次々に増やしていきました。

また認知症カフェでは区役所からの取材が入り撮影に参加されていた井出さんともお友達になることができました。

また紙芝居の後の杉本さんの改良版滑舌体操やその後にはなんと飛び入りで中川ともゆきさんが スペシャルライブを実施してくれました。

17時からの介護の広場には予定通り佐伯啓輔司法書士事務所の佐伯啓輔先生がお越しになりました。1時間の講座では難しい話をほんとに簡単に楽しく話してくれ来てくれたメンバーからは皆さんがとてもわかりやすかったと本当に先生に感謝をする光景がたくさん見ることができました。その後の先生を交えた交流会は8時半に予定を超え8時45分まで皆さんと一緒に会話を楽しみそしてお互いに質問合戦をしたりしていろいろなお話をすることができました。

地域の方達と専門家の方たちが触れ合うことのできる交流会は大変貴重だと感じています。
 なぜなら専門職の先生方は普段難しいお仕事をしている印象があり自分のことを具体的に尋ねると言うのは相談会などでしかできないように感じます。
 しかしもっとざっくばらんに相談したいと言う方が、後半ではお酒を交えながら先生にちょっと教えてと話がすることができ、先生からすると生の現場で起きている相談事などを実際に受け付けることができてお互いにwin winの関係になると感じます。

介護のひろば では次回はなんと大人気の女医先生、阿部佳子先生をお迎えして在宅医療の事やまた医師の立場から見た介護の現場、また地域の方たち皆さんからのご質問に答えてくださることになっています。

大変豪華な先生方を次々お呼びすることができるのも皆さんのおかげ。これからも頑張っていきます。どうぞ応援してください。

Pocket

タイトルとURLをコピーしました