高齢者の住まいに空き家活用 25日から新制度

高齢者の住まいに空き家活用 25日から新制度
Pocket

賃貸住宅への入居を断られやすい単身高齢者や低所得者向けに、空き家や空き部屋を活用する新たな制度が25日から始まる。
政府は2020年度末までに全国で17万5千戸の登録を目指す。

65歳以上の単身世帯は入居を断られるケースが多い。

一方、全国の空き家は820万戸(13年度、総務省調査)

登録条件をパスした情報をホームページなどで入居希望者に公開。

低所得者の家賃補助したり、債務保証料助成する仕組み

☆考察
実際の住まいを必要としている人は多い
しかし経済的な事情でうまくいかないこともある。
社会的な信用などはその中でも「すぐにはどうしようもない」ことだ
そこに助成は必要だがそれだけではない。
住んでくれた後の暮らしと街への溶け込みはどうか
街の一員となってくれているか…なども大切な要件だ。

高齢者の住まいに空き家活用 25日から新制度

生活カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。