障害者奮闘、高齢者施設で介護担う 福祉の受け手から担い手へ

障害者奮闘、高齢者施設で介護担う
福祉の受け手から担い手へ

★考察

介護の職場は生活の支えが中心。
介護福祉士でないとできないことはそれほど多くなく
ケアよりも「配慮や繰り返しの作業」が多くなる。
そこのところには障害があろうがなかろうが「誠実に仕事を進める」事のできる人は歓迎される。
個性を強みに変える仕組みは今後も活躍の舞台を増やし相互に良い影響が出ると思い。

ここまで考察★

 軽度の知的障害がある福井県内の20代女性2人が6月から、坂井市の高齢者施設で働いている。県が昨年度初めて行った障害のある人が対象の介護職員研修を受け、実習先で就労が実現した。2人は福祉の受け手から担い手に立場を変え、介護助手としてシーツの交換や食事の準備に奮闘している。

詳しくはこの文字をクリック

イベント実施します! 「城・人 つながりって素晴らしい」

イベント名

「城・人 つながりって素晴らしい」

フリーペーパーえがお主催:えがおの講座  
後援 港北経済新聞 公益財団法人日本城郭協会

2018年8月25日(土)18時30分~20時30分
港北公会堂 第1会議室 90名限定。

登壇者
お城ジオラマ復元堂 代表  
城郭復元マイスター 二宮 博志氏

横浜市教育委員会
港北図書館長 木下豊氏 

テーマ
2017年4月6日(城の日)に続日本100名城に小机城が選定され、その後、わずか4か月で城郷小机地区センター会場を超満員にして盛り上がった「小机城フォーラム2017」は、どのようにして開催出来たのか。その舞台裏と盛り上げのキモ、その後、何が起きているかを知る。

Ⅰ部
「城の魅力・人の魅力~小机城フォーラム2017の意義、そして、今、何が起きているか~」
お城ジオラマ復元堂 代表  
城郭復元マイスター 二宮 博志氏
人と人が城つながりで出会って、ひろがり、盛り上がる。今、ジオラマや城プロデュースで全国各地の観光振興等に駆け回って大活躍中の城郭復元マイスター二宮博志氏をお迎えし、昨年、小机城フォーラム事務局を担った経験談や今、各地で城ブレイクしている近況を伺います。

Ⅱ部
「人・まち・こころ・つながり~地と知の拠点、城と図書館の親和性は抜群~」
横浜市教育委員会
港北図書館長 木下豊氏 
まちとまち、人と人をつなぎ、二宮氏との出会いから2か月で小机城講演会やジオラマ展示会を図書館で開催し、そのつながり力を活かし小机城フォーラムをコーディネートした早わざを、今や図書館界で全国級の知名度となった港北図書館長の木下豊氏から伺います。

参加費 900円(資料代・ソフトドリンク代込み)
★申し込み★
このページで参加としていただくか、もしくは
以下のメールアドレス・FAXにてお申し込みください。
kouhokuegao@gmail.com
FAX 045-299-6432

お問い合わせ
フリーペーパーえがお
担当 本間
090−8305−1006

港北区限定!プラチナ世代交流フリーペーパー「えがお」の取材

取材先はやはり素敵な高齢者さん
そういう方々とお話をしている自然に癒やされるのはこちらの方だ。
先日の取材でもお話をしているうちにこちらが笑顔になって
「それでどうしたんですか」「もっと聞かせて下さい」というように前のめりになってくる(^^)

この素敵なプラチナ世代さん
お話を知りたい方は次号8/15発行9月号をお楽しみに!

掲載希望

おはようございます。
ここの所掲載希望が増えてきました。
ここに載せてほしい
表紙にどうか?
告知してほしい
取材に来て とお知らせを受けることが多くなりました。
ぜひ詳しくお知らせできるようにしていきたいと思います。

がんばります!