高齢者がコンビニでアマゾン決済…もしや? 詐欺防ぐ

高齢者がコンビニでアマゾン決済…もしや? 詐欺防ぐ
阿部浩明2018年4月29日09時48分

●考察
視点を大きく変更してみると
「お金があればそれでいい」社会を作ってきてしまったことも大きな要因になりと思う。
よく親しい知人と話すが
「幸せはお金じゃない けれどお金はそれなりに必要」
という視点なら良いが
「お金さえあればなんでもできる 仕事やお金が中心」という視点が大きな問題を生むことになるのでは?と警鐘を鳴らしたい。

豊かな生活はバランスが取れたものであるが、いつまでも経済やお金中心の世の中からシフトできる日を夢見る。

ここまで考察●

 架空請求詐欺の被害を未然に防いだとして、セブンイレブン江差愛宕町店(北海道江差町)のパート従業員、蛯名真利子さん(65)が今月、江差署から感謝状を贈られた。「高齢者がアマゾンで多額の買い物をするのはおかしい」。高齢の女性客の依頼を不審に思い、警察への相談を勧めたという。

 蛯名さんや署によると、70代の女性が16日夕方に来店し、アマゾンのコンビニ代行決済で10万円を支払おうとした。日頃、店でアマゾンの代行決済を利用するのは若い客が多い。支払いが高額なこともあり、違和感を覚えたという蛯名さん。「特殊詐欺は日頃から意識し、お客さんに注意を促そうと心がけています」と話す。

 女性は蛯名さんの勧めで署に相談。架空請求のはがきを自宅に送りつけ、身に覚えがない買い物の代金を払わせる詐欺と分かった。

 同署管内では、「訴訟通知」や「消費代金未納」など架空請求詐欺とみられるはがきが届いたとの相談が急増している。道警によると、道内の特殊詐欺の被害額は今年1~3月で約8千万円。被害者の約6割を65歳以上が占める。江差署は「身に覚えがない支払いを求められたら相談してほしい」と呼びかけている。(阿部浩明)

詳しくはこの文字をクリック

認知症の母が冷蔵庫の中にバスタオル収納、その言い分

認知症の母が冷蔵庫の中にバスタオル収納、その言い分

 認知症の母(83才)の介護を引き受けることになったN記者(54才・女性)。
片付け上手だった母がどう変わり、そして、今どんなふうに落ち着いたのか。
“おかしな場所”に収納していても、本人には本人なりの理屈があるようだ。

★考察

介護職や高齢者と関わりがある職種の方にとってはなんでもないことだが
実際の家族の中ではこのようなことは

「お母さん!!なにやってるの!!」
「とうさん、何度言ったらわかるんだよ!!」

こういう言葉や雰囲気が普通に飛び交うことはよくある。

高齢者だから間違いもある
高齢者で認知症ならなおさらだ。

それを受容する姿勢こそが大切だと切り返し話をしていきたい。
しかし残念ながら ”健常者”の側が自分の態度を改める勇気がないことが多く
その殆どは「相手が悪いから」という事が多い。

ここまで考察★
詳しくはこの文字をクリック

92歳、看護師現役です 津の高齢者施設で勤務

92歳、看護師現役です 津の高齢者施設で勤務

 津市一志町にある高齢者向け住宅施設で、数え年で90歳の祝いの卒寿を超えた
女性が訪問看護師として働いている。
 この道70年余りの大ベテラン、池田きぬさん(92歳・津市久居新町)。
 施設では、自分より年下の入居者を励まし、健康な暮らしを介護と医療の両面
でサポートする。
「互いに支え合いながら、長生きしたい」。
 戦時中に傷病兵をケアした経験もあり、命の大切さを誰よりも知る頼もしい存
在だ。

 「体調はどうですか」「部屋は寒くないですか」。
 昼食後の血圧測定の時間。
サービス付き高齢者向け住宅「いちしの里」で、池田さんは車いすのお年寄り
に歩み寄り、優しい口調で語りかける。
 統合失調症の症状のある女性(70歳)の手をさすりながら、表情や受け答えの
様子から日々の体調を読み取る。

 1924(大正13)年、一志郡大井村(現在の津市一志町)で生まれた。
 41年3月に地元の女学校を卒業し、「自立して働くには手に職をつけなければ」
と看護師の道を選んだ。その年の12月には太平洋戦争が始まった。

 最初の現場は、日本軍(当時)が療養所として接収した神奈川県内の旅館だった。
 19歳で傷病兵の看護要員として召集され、軍医の指示の下、栄養失調で結核を患
った傷病兵の食事の介助をした。
 銃で撃たれた男性の腕から弾丸を取り除く治療にも携わった。
「どんな状況下でも負けない精神力がついた」

 終戦の混乱の中、地元に戻り、47年から三重県内の病院の看護師や企業の保健師
として働いてきた。
 「患者さんの体調が良くなったり、家族から喜ばれたりするのを励みとしてきた」。
 二人の子どもは義母に預けての勤務。
 85年に津市内の病院の総婦長、94年には県看護協会の役員も務めた。

 2000年の介護保険制度の導入に備え、99年に県内最高齢の75歳でケアマネジャー
の資格を取得。
 「介護と医療の両面から患者を支えたい」との思いを胸に、12年11月から「いちし
の里」で訪問看護師として働いている。

 週2回、自宅から40分、バスを乗り継いで通い、午前8時から午後5時まで勤務する。
 管を使って胃に直接栄養を流し込む胃ろうをしたり、糖尿病患者にインスリン注射
を打ったり。
 同僚の看護師、岡野幸子さん(39歳)は「食事や睡眠など、入居者の生活習慣を頭
に入れてケアに当たる池田さんの姿勢に頭が下がる」と話す。

 施設では高齢者50人が暮らす。
 入居する女性(88歳)は配膳作業で池田さんに食事を運んでもらったといい「元気
な姿はとても励みになる」と笑顔を見せた。

 池田さんは「同世代だから会話も弾み、打ち解けられる。これからも共に励まし合
いながら、親身になって寄り添っていきたい」と語った。

「元気シニア」と協力、高齢者へVR旅行を クラウドファンディングが開始

「元気シニア」と協力、高齢者へVR旅行を クラウドファンディングが開始

●考察

介護職経験者が発起人でこの企画でクラウドファウンディングを行う。
是非応援したい。

ここまで考察●

外出が困難な後期高齢者に、VRで旅行体験を提供する試みが進められています。4月19日、「元気シニアと『ローカルVR旅行』アプリを作りたい!」と題されたクラウドファンディングがREADYFORにて開始されました。VRを使って「誰かの役に立ちたい」というシニア層と、外出困難な高齢者の旅行体験を支援する内容です。

発起人は登嶋健太氏
プロジェクトの発起人は、元介護職員で現在は東京大学先端科学技術研究センターの学術支援専門職員として働く登嶋健太氏です。2016年にも、高齢者にVRで海外旅行体験を届けるためのクラウドファンディングを行っており、成功を収めました。2017年11月には「お年寄り向け海外VR旅行サービス」で総務省 異能vation ジェネレションアワード特別賞を、同年12月には「第3回 Business Digging Festival」一般社団法人中野区産業振興推進機構 ゴールド賞を受賞しています。

また、登嶋氏はMogura VRで連載「登嶋健太の360°たびにっき」を掲載しています。

プロジェクトの背景
登嶋氏はこれまでの活動の中で、元気でインターネット活用できる高齢者とディスカッションし、「誰かの役に立ちたい」と社会貢献活動に興味を持っている人(=元気シニア)が多くいることに気付きました。加えて、「親にVR旅行を体験させたい」と問い合わせを行う人の内訳は、インターネット・スマートフォン・SNSを活用している65歳前後の高齢者が多いとのこと。こうした経緯から、今回のプロジェクトに至ったといいます。

360度カメラの進歩のおかげで、スマートフォンと360°カメラさえあれば誰でも簡単にVRコンテンツを作れるようになっています。VR制作技術を身につけた元気シニアと、外出困難な後期高齢者の夢を繋ぐのが今回のプロジェクトです。

元気シニアと後期高齢者の夢を繋ぐ「ジモトVR」

「ジモトVR」と名付けられたVRコンテンツは、まず介護施設を利用する後期高齢者に、「もう一度行ってみたい」場所をアンケート。全国の元気シニアには、「VRコンテンツをつくる体験講座」を開催します。講座の各地会場では、後期高齢者の「行ってみたい場所」を共有します。

その後、後期高齢者の”夢”を元に、元気シニアが360度カメラで、自分の詳しい地元の映像を撮影します。こうして作成されたVRコンテンツ「ジモトVR」は、介護施設のVR旅行体験会に活用されます。

登嶋氏は、「お年寄り向けVR旅行サービス」を、元気シニアの社会参画支援事業者と連携し「高齢者」双方の生きがいをつなぐサービスを作りたい、としています。

クラウドファンディングの目標金額は120万円。5月31日まで実施中です。プロジェクトページや金額概要などは以下の参考リンクから。

(参考)READYFOR プロジェクトページ

「元気シニア」と協力、高齢者へVR旅行を クラウドファンディングが開始

認知症高齢者に見守りシール配布

●考察

行方不明者を地域や街や支援者の力と共同して発見する仕組みは浸透しつつある。このような取り組みを行うことで一人でも多くの不明者が見つかり安心できる状態になると良い。

ここまで考察●

認知症などで徘徊する高齢者らを早期に保護しようと、埼玉県杉戸町は現在、家族などへ速やかに連絡するための「徘徊高齢者見守りシール」を配布している。公明党の伊藤美佐子町議はこのほど、担当者から話を聞いた。

対象は、町内在住で徘徊行動が見られたり、認知症と診断された人と、その保護者。高齢介護課に申請すると、専用の伝言板サイト「どこシル伝言板」にアクセスできるQRコードが表示された見守りシールを衣類用や、つえ用などセットで40枚もらえる。

発見者がQRコードをスマートフォンなどで読み取ることで、伝言版サイトを通じて家族などと迅速に連携を取ることができる。

町ではこのほか、認知症カフェの設置や住民らを対象に実施する「徘徊声かけ訓練」など、認知症対策へ積極的に力を入れている。

伊藤町議は認知症対策の充実について、2014年9月の議会質問以来、一貫して訴えてきた。

詳しくはこの文字をクリック