認知症の進行速度を緩やかに、アルツハイマー薬「レカネマブ」を国内でも申請

Pocket

認知症の薬はあくまでも進行をゆっくりにさせるためのもの。
認知症サポーター養成講座を行っていると実感するのが
「認知症には薬があるから治るんでしょう だったらそんなに恐れることないのに」
です。

以下は読売新聞からの転用の抜粋です
詳しくは最下部のリンクをクリックしてくださいね!


製薬大手エーザイは16日、アルツハイマー病の治療薬「レカネマブ」について、厚生労働省に製造販売の承認を申請したと発表。米国では今月6日に迅速承認された薬で、対象は早期の患者。病気の原因とみられる物質を脳内から取り除き、認知症が進行する速度を緩やかにすることを狙う。


 アルツハイマー病は、脳内に「アミロイド βベータ (Aβ)」という異常なたんぱく質が蓄積することで神経細胞が傷つき、認知機能が低下すると考えられているが、レカネマブは脳内のAβを除去することで、長期的に脳の損傷の進行を抑えることを狙う。

 同社は昨秋、早期のアルツハイマー病患者1800人を対象にした最終段階の臨床試験で、レカネマブを2週に1回、1年半にわたり点滴した集団は、偽薬を点滴した集団に比べ、症状の悪化を27%抑制する効果が確認されたとする論文を発表した。この差について、「病状の進行を7か月半遅らせることに相当する」と説明している。

 エーザイは、米国での販売価格について、患者1人当たり年に約340万円に設定すると発表している。日本で承認されれば、公的保険診療の中での使用が想定される。薬価は国が決め、米国よりも低く設定されることが一般的だが、それでも年間百万円単位になるとみられる。患者の自己負担は、国の高額療養費制度があるため、70歳以上の一般所得層(年収156万~約370万円)の場合は年14万4000円が上限となる。

認知症の進行速度を緩やかに、アルツハイマー薬「レカネマブ」を国内でも申請…エーザイ :
読売新聞オンライン

Pocket

タイトルとURLをコピーしました