懐かしい人に再会!

えがおからのお知らせ
Pocket

先日地域の大型マンションで認知症に関するお話をさせていただきました。
そこにお越しくださったこの方。長島さん。

長島さん 実は見たこともある人多いんですよ

この方はもしかしたら気づいた方もいるかもしれませんが(^_^)
えがお創刊号2018年1月15日発行 で表紙を飾ってくれた方。
当時のお写真と何も変わらずあれから5年近くが経過していてもにこやかな笑顔は昔のまま。

懐かしいデータを持ってきました!右側の赤いエプロンが長島さん

えがおに出てから少し人生が変わったのよと教えてくれました。

それまでは少し心配事があったり困り事があったりすると少し下を向くこともあったけれど、せっかくえがおに出たのだから、と少しお顔を上げて歩くように心がけておられたそうです。

また2年前に足腰を少し痛め転んでしまうと言う心配が出てきたことから、長く続けている子育て支援サポートの子どもさんと関わる支援は控え、同じ施設で事務や軽作業などを手伝っているとの事。

子どもさんと関わっていた時は、子供にたくさん喜びをもらい、今では事務を手伝うことで多くのスタッフから感謝され「長島さんがいてくれて嬉しい!感謝!」と皆さんに言われる毎日だそうです。

えがおが何かのきっかけになりそして長島さんのみならず誰かの喜びに少しでも支えになるのでしたらこれからも頑張っていこうと思います。

懐かしい2018年1月発行のえがおの表紙はこちら

懐かしい2018年1月発行のえがおの中面はこちら

Pocket

タイトルとURLをコピーしました