「介護」カテゴリーアーカイブ

高齢者運転の事故防ごう 医師や企業、対策を提言 医師会県民健康フォーラム

 第9回県医師会県民健康フォーラム(県医師会、琉球新報社主催)が24日、那覇市のパシフィックホテル沖縄で開かれ、約200人が参加した。高齢ドライバーによる交通事故が社会問題となる中、医師や警察、企業からの登壇者3人が、高齢者の交通事故を防ぐための方策を提言した。

 琉球大学医学部付属病院精神科神経科講師の外間宏人氏は、記憶障がいを伴うアルツハイマー型など4種類の認知症を紹介。いずれも脳の認知機能の低下により運転に必要な判断力が失われ、交通事故につながる危険性を指摘した。

 一方、本人の了解を得ないまま運転免許証を取り上げると鬱(うつ)状態になったり生活機能が低下したりするなどのリスクが高まるとし、「車に代わる移動手段の確保など積極的な対策が必要だ」と訴えた。

 県警察本部交通部運転免許課課長補佐の又吉長賢氏は「75歳以上の高齢者による交通事故の比率は75歳未満の2・5倍」と報告し、「本人が認知症を自覚していない場合も多く、運転免許の自主返納には家族らの協力が必要だ。返納後も車の鍵の管理を徹底してほしい」と呼び掛けた。

 りゅうにちホールディングス取締役の仲井間勝也氏は、自動車やバスの自動運転技術について紹介し、「自動運転技術が実現すれば、高齢社会でも安心安全に移動できる手段となる」と語った。

詳しくはこちらをクリック

厚労省「高齢者の薬、減らして」 医師ら向け使用指針

薬はなるべく少なくして――。厚生労働省は21日、高齢者に適正に医薬品を使うための指針案を有識者会議に示し、おおむね了承された。お年寄りは複数の病気を持つことが多く、多くの薬を使いがちだ。指針案は医師や薬剤師向け。主な副作用を示し、薬の減量や中止で症状が改善することもあると指摘して減薬を促す。厚労省によるこうした指針は初めて。

中略

副作用症状と原因となる主な薬
【症状】原因となる主な薬の種類

【ふらつき・転倒】中枢性などの降圧薬、睡眠薬、抗不安薬

【記憶障害】中枢性などの降圧薬、睡眠薬、抗不安薬

【抑うつ】中枢性降圧薬、抗ヒスタミン薬、抗精神病薬

【食欲低下】非ステロイド性抗炎症薬、緩下剤、抗不安薬

【便秘】睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬

※厚労省の指針案から

★考察★

長い間介護の現場でも話されていたことだ。
医師の裁量の問題もあるが大きな指針がなかった。

これによって多くの「フラフラしていて転倒してしまう」や
「朝起きてもテーブルに突っ伏したまま」の高齢者さんが減っていく結果になれば嬉しいことだ。

★ここまで考察★
詳しくはこちらをクリック

「帰りたい」→「誰に会いに?」 認知症介護の対話法 大切なのは、行動の根底にある「思い」探ること

認知症の方への接し方について
バリデーション
ユマニチュード
などが語られています。

残念ながら現実の在宅では

「お父さん そうじゃないって言ったろ!!」
「だからご飯食べったって言ってるでしょ!録画だってしたわよ!!」
「同じこと何度もきくの、もうやめてくれ!!!」

という感じで認知症の人ったちの環境を悪化してしまうことが多くあります。
抱え込まずに専門家に相談すること、介護者自体が疲弊すると共倒れになることなどをぜひ知識として知ってほしいです。

ここで「知ってほしい」のは認知症の介護者だけでなく、一般社会に暮らす普通の人たちです。
介護者が疲弊する前に手を差し伸べ合ったり、支え合ったり、つらい状況を理解しているだけでも環境や社会が変わります。

私も活動を再開します。
できることから初めてみますのでぜひご一緒に。

詳しくはこちらをクリック

生活保護法改正案 高齢者住宅の支援強化へ 閣議決定

 政府は9日、生活保護法などの改正案を閣議決定した。「貧困ビジネス」の温床と指摘されてきた無料低額宿泊所に対して防火態勢の規制強化や、高齢の生活保護受給者向けの良質な住宅の優遇策などを盛り込んだ。子どもの貧困対策も強化する。

 高齢者の住まいを巡っては、受給者らが入居する札幌市の自立支援住宅「そしあるハイム」で11人が焼死する火災が発生し、貧困高齢者らが安心して暮らせる場の必要性が改めて注目されている。
改正案では、無料低額宿泊所のうち、病院への付き添いや服薬指導などの生活支援も行う施設を新制度「日常生活支援住居」に位置づけ、財政面で支援する。
 併せて、無料低額宿泊所にとどまる施設に対する規制を強化。現在、消火設備や避難訓練の実施などは強制力のないガイドラインに定めているだけだ。これを最低基準として義務づけ、自治体が事業者に改善命令を出せるようにする。また、事業者の届け出を「事業開始1カ月以内」から「事業開始前」へと事前届け出制に改める。いずれも2020年4月施行予定。

 子どもの貧困対策では、大学や専門学校に進学する子どもを対象に進学準備給付金を今年4月にも創設する。自宅生には10万円、親元を離れる場合は30万円。
子どもの学習支援も19年4月に見直す。学習面だけでなく生活習慣への助言など家庭への支援を併せて行うよう改める。家庭訪問や親への相談対応、子どもの居場所作りの役割を強化する狙いだ。

 法改正とは別に、政府は生活保護受給額を10月から段階的に平均1・8%削減する。【熊谷豪】

詳しくはこちらをクリック

高齢者宅で雪かき奉仕 金沢学院大 野球部60人が参加

詳しくはこちらをクリック、金沢市末町の高齢者宅を雪かきして回った。市内の大学などが、協定を結んだ町内会で雪かきをする「雪かきボランティア」活動の一環。今回、犀川校下町会連合会から要請があり、地域を担当している同大運動部連合から、野球部員約六十人が参加した。

 スコップを手にした学生たちは高齢者宅十六軒を回って、玄関前や駐車場に一メートルほど積もった雪をすかした。学生たちが一斉にスコップを動かすと、あっという間に雪が取り除かれ、高齢者や道行く人たちは「お疲れさま」「ありがとう」とねぎらっていた。

 三年の林慶征さん(21)は「自分も午前中は市内の自宅の雪かきをしてきた。野球の練習に比べれば雪かきくらい大丈夫。助け合いですから」と笑った。

 ガレージ前の雪かきをしてもらった亀田美智子さん(77)は、夫(87)と二人暮らしといい、「夫と雪かきしたけど、高齢なのでなかなか進まない。夕方にならないと除雪車も来ないので、本当に助かった」とほっとしていた。

 金沢市市民協働推進課によると、今冬は大雪の日が多いため、例年よりボランティアの依頼が多い。昨冬は四回だったが、今冬は六日現在で十四回活動している。 (堀井聡子)

http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20180207/CK2018020702000040.html

10年以上勤務の介護福祉士に、月8万円の処遇改善??

現実になることに賛否両論ありそうです。
皆さんはいかかですか?

そんな中で、昨年のニュースではありますが、学生向けの施策も用意されているようです。

介護福祉士を目指す学生に毎月5万円 5年働けば返済免除 政府、予算を拡充へ(出典; Joint介護)

記事によれば、介護福祉士の専門学校に入学する際に20万円、通学期間中に毎月5万円、卒業する際に20万円(就職準備金)を受けられ、国家資格を取って現場で5年以上働けば返済を免除する、という制度のようです。

2年制の場合だと総額160万円、3年生だと220万円、ということで結構大きな額がもらえる計算になりますね。

財源としては、厚労省の補正予算案 によると、14億円を原資として積み増すことになります。

まあ、介護福祉士になるにあたって、学校ルートが「試験有」になった結果、入学者が激減してしまったという失策を過去に行っており、その対応策といった位置づけでしょうか。

過去の記事; 介護福祉士の養成機関で入学数がピンチ!!

厚労省の方々はエリートなので、人は難しい壁があるとチャレンジしたくなるものだ、と思っています。そのため、資格取得が難しくなれば、みんなこぞってそれにチャレンジし、結果として受かった人の社会的評価も上がるはず!という考えだったのでしょう。

ただ、実際のところ、意識が高くはない「普通の人」はやはり難しい壁を用意されたらそれを回避することを考えます。そうすると、受験者も減り、資格の社会的価値も上がりません。

今回の施策で、何とか養成機関の入学者減に歯止めがかかれば、と思います。そのためにはこの制度の周知がまず一番に重要な点かもしれません。

介護状態 改善めざす

★考察★ 

自立支援型ケアマネジメント っていったい何なんだろう

成果だけあればいいのか?
自分ですればそれでいいのか?

人間らしい生活とは豊な心に沿って思いを実現していくこと。
その人がしたいことを行えるようにサポートすればいい。
無理して立ち上がったり、立ち上がらせたり、立ち上がるように仕向けることでもない。

「立ち上がってやってみたいことを実現したい人に、少しでも実現したいことを支えながら実現できるように手伝っていくこと・・・」だと感じます。

以下の抜粋記事には悲しさと違和感を感じます。

★ここまで考察★ 

↓「以下抜粋です」↓

厚生労働省の社会保障審議会介護保険部会委員などを歴任し、金ケ崎町介護政策アドバイザーを務める山本敏幸さんは「自立歩行が難しい人に、家に手すりをつけない介護計画を作る。歩行訓練をした方が自立歩行に近づくから。これが自立支援型ケアマネジメントです」と話す。

詳しくはこちらをクリック

介護認定受けていない高齢者 5割に認知症疑い

茅野市で介護認定を受けていない65歳以上高齢者の約半数に認知症の疑いがあり、要介護状態になる恐れが高いことが、市が初めて実施した高齢者の日常生活と健康状態に関するアンケート調査で分かった。市は認知症予防の必要性が改めて明らかになったとして、認知症の予防対策や家族の理解を広めていく重要性を指摘している。

調査は昨年6~7月、郵送方式で実施。介護予防事業に反映するため、65歳以上の高齢者のみ世帯で暮らす8266人を対象に日常生活や地域活動、健康など8項目について尋ね、5711人(回収率69・1%)から回答を得た。

機能低下の割合を示す項目では、「認知症予防」が50・1%と最も高かった。うつ状態が疑われる「うつ予防」36%、「転倒リスク」31・9%、要介護状態に近い「機能低下あり」30・4%、「口腔」22・7%、「閉じこもり予防」18・5%が続いた。

居住地別だと、市全体の割合を上回って機能低下が見られる項目数は、金沢地区が最多9項目。次いで玉川地区、泉野地区、湖東地区、北山地区が各7項目、ちの地区と宮川地区、米沢地区は各3項目だった。豊平地区は全10項目、中大塩地区も口腔以外は市全体の割合を下回った。

市高齢者・保険課は「認知機能の低下を防ぐために予防教室への参加などの対策を積極的に講じ、認知症になったときに備えて家族や介護者の理解も広めていきたい」とし、「性別や年齢、居住地区別の特徴を詳しく分析して、予防活動を行っていく必要もある」としている。

このほか、現在の地域に「住み続けたい」が8割以上だった。一方、約2割の人は外出頻度が減り、約3割は地区や区の行事に参加していないことが分かった。参加しない理由の最多は「内容に興味がない」で、同課は「行事内容や周知方法の見直しが課題になる」とし、健康づくりに役立つ市や区の取り組みを広報誌などで紹介している。

詳しくはこちらをクリック

高齢者への虐待353件 続柄は「息子」が36.8%最多

 宮城県が発表した2016年度の高齢者虐待に関する調査結果によると、県内で確認された高齢者への虐待は353件で、前年度から57件増えた。障害者への虐待は28件(10件減)だった。
 相談・通報があった高齢者への虐待は668件(85件増)で、家庭内が642件(79件増)、介護施設が26件(6件増)。うち52.8%が市町村の実態調査で事実が確認された。
 家族からの虐待は352件(60件増)で、女性が約8割を占めた。暴力などの身体的虐待が72.5%で最も多く、言葉による心理的虐待が42.8%で続く。続柄は息子が36.8%で、夫19.7%、娘15.7%の順となっている。
 介護施設での虐待は1件(3件減)で、80代男性への心理的虐待があった。市町村は施設に改善計画を提出するよう指導した。
 障害者への虐待は85件の相談・通報があり、うち事実が確認されたのは32.9%だった。家族による虐待が25件に上り、障害者福祉施設は3件だった。
 高齢者虐待が増えた要因について、県長寿社会政策課は「疑われる事象を発見した際、早期に通報する意識が高まっている」と分析。「事態が深刻化する前に対策を講じるよう市町村と連携する」と話した。

詳しくはこちらをクリック

独居高齢者急増への対処=中央大教授・宮本太郎

国立社会保障・人口問題研究所が12日に公表した推計では、2040年には高齢世代のすべての女性の4人に1人、男性の5人に1人が1人暮らしになる。

 高齢世代と一口に言っても、その中で1950年には2%程度であった85歳以上の比率が40年には30%近くなる。
それに伴い同年は、死亡数が168万人に達し、出生数との差で年に約100万人ずつの人口減少が始まるという。
未曽有の「少子多死社会」が到来するわけだ。認知症患者はこの年、800万人を超える見通しだ。
単身高齢女性の場合、半数が生活保護基準以下の収入になっていくというシミュレーションもある。
こうしたなかでの1人暮らしの急増なのである。

 支援サービスや居住のかたちなどを転換していくことが急務だ。この国は長い間、介護や子育てを家族まかせにしてきた。
介護保険制度が導入された後も、そのサービスは日中を含めて高齢者に家族がいることを前提にした「家族支援型」が多かった。
1人暮らしの高齢者や、早朝と夜しか家族がいない「日中独居高齢者」への「独居支援型」サービスを強める必要がある。
身の回りの生活支援も不可欠だ。

 そして、こうした支援を生かすためにも、家族と居住の新しいかたちが求められる。
多世帯・多世代が協力し合いながら居住する「長屋型」の集合住宅など、身近で暮らしを支え合うかたちを工夫していく必要がある。

 生涯未婚率が高まる一方、高齢男女の結婚話が浮上すると、財産配分をめぐり親族が反対するともいう。
スウェーデンのように、同居後に取得した財だけを共有するかたちでカップルの同居を奨励する「同居婚」制度を導入することも検討してよいのではないか。

https://mainichi.jp/articles/20180120/ddm/008/070/129000c