亡くなった親のタンス預金 遺品整理業者がネコババしている可能性も

亡くなった親のタンス預金 遺品整理業者がネコババしている可能性も
Pocket

●考察

実際の片付けの現場でも現金が出てくることは毎回だ。
しかしこれほど高額な現場になったことはない。
金額の大小はここでは問題にしないが記事にある通り
「なんとかしたいが事情で止む無く自宅に置いている」という現状は理解できる。

お金の置き方も「間口の広いザルのような容れ物に入れている」や
テーブルの端っこにまとめてある、
一番多いのは小銭を透明ビニール袋に入れている、だった。

バラけてしまいたくない。
どこに容れたか忘れたくない。
そういう気持ちの現われだ。

ここまで考察●

詳しくはこの文字をクリック

生活カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。