プラチナ世代交流フリーペーパー「えがお」シニアに向けた楽しい交流フリーペーパー 無料配布中!

「感情労働」とは? | 感情労働の職種とストレスについて

「感情労働」とは? | 感情労働の職種とストレスについて

★考察

ある種の職業「サービス業、営業、教師、医療、介護」は感情労働と呼ばれる。
以下に説明がある。

「感情労働」が必要な職種として代表的なものは、「看護師」などの医療職や「介護士」などの介護職、「客室乗務員(CA)」だといわれています。

相手=顧客の精神を特別な状態に導くために、自分の感情を誘発、または抑圧することを職務にする、精神と感情の協調が必要な労働のことをいいます。

感情が労働内容にもたらす影響が大きく、かつ適切・不適切な感情が明文化されており、会社からの管理・指導のうえで、本来の感情を押し殺して業務を遂行することが求められます。

体を使った作業を賃金に変える「肉体労働」、頭を使って創出したアイデアなどを賃金に変える「頭脳労働」に対して、「感情労働」とはその名の通り、感情を抑えることで賃金を得ます。このように、対人の仕事につく人の多くが、決められた感情の管理を求められ、規範的な感情を商品価値として提供しているのです。

上記引用

このように感情を制御することで成り立っていると何処かに弊害が出てしまうこともある。
そのときに「自分を確立」して「適切な自己中心的」な振る舞いが求められる。

「いま感情を抑制しているな・・・」とか
「あるべき姿を演じているな・・・」のように客観的に対応できたら良いと思う。

ここまで考察★

詳しくはこの文字をクリック

介護カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。