えがお

スポンサーリンク
えがお

謹賀新年

あけましておめでとうございます 幸多き新春をお迎えのことと存じます昨年は大変お世話になり誠にありがとうございました皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします本年も何卒よろしくお願い申し上げます
えがお

認知症サポーター養成講座開催報告

12月27日水曜日午前9時から港北スポーツセンター研修室において認知症サポーター養成講座を実施いたしました。今回は港北スポーツセンターさんのご好意で3時間以上場所をお借りすることができたのでできました。おかげで新しい取り組みを挑戦することができました。 1 認知症サポーター養成講座をしっかりと行うこと 2 大豆戸地域ケアプラザの主任ケアマネージャー小沼さんよりこのエリアで行われている認知症の取り込みについてたくさんの資料とともに活動の多くを紹介することができました。 3つ目は横浜市総合保健医療センターの川中さんのご提案により若年性認知症当事者の方にお越しいただきご本人のお話を聞いていただく事ができました。 この日地域の民生委員さんや看護学生さん司法書士さんまた一般住民の方から、また東京からも駆けつけてくださった方もいらっしゃいました。 1の認知症サポーター養成講座では動画などを使い認知症のイメージを大切にしながら、正しい理解を伝えそして地域の中で小さな活動が起こしていけるようにキャラバンメイトとして支援させていただきました。 その後大豆戸地域ケアプラザ 小沼さんはチームオレンジとして地...続く
えがお

えがおの日開催報告! 12/17

おはようございます。昨日はえがおの日。たくさんの方がお越しいただきありがとうございました。今回もりんごをたくさん使ったカレーにしようと思いいつもの杉森青果さんから大変お安く分けていただきました。 使ったりんごの数はなんと25個以上。前回をはるかに超えるりんごをカレーの中に溶かし込んで使ってあります。その他は鶏肉を3.5キロ入れたりとお料理をしていてとっても楽しかったです。ほとんどの野菜は溶けてしまいましたがそれでもたくさんの栄養が入っていると思っていただけると助かります。 差し入れに来てくださった方、お顔出しだけくださった方、挨拶をしに来てくれた方いろいろな方がいらっしゃいました。今回は区民活動支援センターから聞いてたまてばこさんの紙芝居をぜひ見たいと来てくださった方もいました! 私のインラインスケート友達、いつも家族付き合いをしてくれる方、可愛らしいお子さんを連れて来てくださった方など多くの方が来てください感謝です。夕方からは中川さんの楽しまナイト11名の方と一緒に中川さんの本格的中華料理を堪能させていただきました。中川さんは歌がうまいだけじゃなくトークが素晴らしいだけではなく、お料...続く
えがお

12/15発行R6年1月号!配布開始!

おはようございます。1番新しいえがおが本日から配布を開始いたします。1番素敵な表紙の方は阿部滋敏さん77歳。地域に、活動に、 いつも真剣に関わる積極的な素敵なアクティブシニアさんです。 また中面ではこれまで途切れ途切れでお知らせしてきた認知症サポーター養成講座等について詳しくお伝えしています! 港北あわ連さんを取材させていただき、また菊名西口のおからさんでは楽しい取り組みについてお知らせすることができました。 えがおの紙面でたくさんの方が登場し、皆さんの喜びに少しでも貢献できたらと毎号を心を込めて作っています。今回は印刷部数が 20000部に達しました。 私の中で小さくお祝いをしたいと思います。今後ともお引き立て、応援、支援、どうぞよろしくお願いいたします!
えがお

中川ともゆきさんの食べて歌わナイト!

12/17(日)17時〜中川ひろゆきさん手作りの夕食を食べて、ギター演奏(音楽療法)を楽しむ会を実施します!夕食は中川さんが作ってくれるので飲み物だけ持って菊名みんなのひろばに17時に着!参加費夕食代込みで800円です!
えがお

えがおの日開催報告!

11月19日はえがおの日でした。この日もえがおの日はカレーを作って皆さんをお迎えしました。3キロ超える鶏肉と5キロのじゃがいもを始め、野菜をたくさん入れて、最後に大玉りんごを6玉細かく切って刻んで入れて煮込んであります。 圧力鍋も活用してるのでそれなりにおいしかったかなぁなんて思っていました。そうしたら多くの方がこれまでで1番おいしかったよって言ってくれてとてもうれしかったです。 今回出させていただいたお米は我が家で使っているお米。福島の農家さんから直接買っているのですが本当に美味しくて何人もの方からこのお米がどこで買っているのって聞かれた位でした。中には注文したいから注文先を教えてって言ってくれた方もいらっしゃいました。そんな料理を作るお手伝いをしてくださったのが素敵な若いご家族の今井さん一家。イケメンご主人とかわいい奥様とそしてもっとかわいいお嬢さんとがお手伝いをしてくれました。入り口に貼ってあるこの張り紙はかわいいお嬢さんが書いてくれたんですよ。 ちょうどカレーを食べ終わった頃、前田さんが軽度認知障害の当事者としてお話をしてくださいました。診断された当時のことからその後の前田さん...続く
えがお

えがお4コマ漫画が始まりました!

えがお4コマ漫画が今回の2023年11月15日発行号から始まりました! こちらはSNSで知り合ったアニメ学校に通う女性と打ち合わせの上、2ヶ月の準備期間を掛けて掲載したものです。まだ10代の少女は自分のおじいちゃん・おばあちゃんにお話を聞きに出かけて、高齢者の資料を研究して作ってくれたものです。 世代を超えて、気持ちのこもったそんな温かいえがお4コマ漫画。是非応援してくださいね! 作・画を担当した ぷらむ さんに応援メッセージを送りましょう!↓
えがお

川柳のすすめ

おはようございます。今回はえがお川柳の新垣先生からの創刊当時のコメントを掲載致します。2017年11月に頂いたこの原稿は変わることなく川柳の魅力を教えてくれます。今月11月末までのお題は「ずるい」です。ぜひ投稿をしてくださいね!投稿はこちらです! ーーーここから原稿を再掲載しましたーーー  『サラリーマン川柳』や『シルバー川柳』など、川柳が相変わらず人気です。ユーモアたっぷりの作品は、毎年マスコミでも大きく紹介されますから、楽しみにされている方も多いでしょう。 川柳には二つの「よむ」があります。書き分けると「読む」と「詠む」。「読む」は、人の作品を味わうこと。「詠む」は、自分で川柳をつくることです。先ほどの『サラリーマン川柳』や『シルバー川柳』を楽しみにしているのは、前者の「読む」ですね。川柳はもっぱら「読む」ほうという方はとても多いのですが、そんな方々には「詠む」楽しさもぜひ知っていただきたいと思います。 川柳には、約束事らしい約束事はありません。ですが、大切なものはあります。三つあげるなら、「五七五のリズム」「ゆたかな日本語の表現」、そして「ものごとに敏感に反応する、心の柔軟さ」で...続く
えがお

えがお11/15発行

えがお文壇ではえがおを発行開始した2018年1月より欠かさず川柳・俳句・短歌の文壇コーナーを重要な位置づけとして掲載を継続しています えがおは元気で楽しく歩ける人だけのためのものではありません。 仮に足や腰が痛くなっても、自宅のベッドから起き上がるのは難しくなっても、それでもメールを使ってもLINEを使っても郵便を使っても楽しめるそんな紙面を目標としています。 ですのでえがおにとって文壇コーナーは大変大切なコーナーなのです。 私もいつか歩くのが苦手になり、膝が痛くなり、坂が登れなくなりと言う日がやってくるはずです。そんな中でも自分の名前が紙面に出てきたり、また知っている人の名前が出てきたりすると、それだけでもほっとするはずです。ぜひえがお文壇コーナーを楽しく利用してください。 今後のお題の作品は各月末までにお送りください。また川柳・短歌・俳句ともに自由題も同時募集です。 川柳の題10月末締め切り  準備11月末締め切り ずるい12月末締め切り  刻む 俳句の題10月末締め切り 木犀11月末締め切り 落葉12月末締め切り ストーブ 短歌の題10月末締め切り 灯11月末締め切り スポーツ1...続く
えがお

えがお文壇のお誘い

えがお文壇ではえがおを発行開始した2018年1月より欠かさず川柳・俳句・短歌の文壇コーナーを重要な位置づけとして掲載を継続しています えがおは元気で楽しく歩ける人だけのためのものではありません。 仮に足や腰が痛くなっても、自宅のベッドから起き上がるのは難しくなっても、それでもメールを使ってもLINEを使っても郵便を使っても楽しめるそんな紙面を目標としています。 ですのでえがおにとって文壇コーナーは大変大切なコーナーなのです。 私もいつか歩くのが苦手になり、膝が痛くなり、坂が登れなくなりと言う日がやってくるはずです。そんな中でも自分の名前が紙面に出てきたり、また知っている人の名前が出てきたりすると、それだけでもほっとするはずです。ぜひえがお文壇コーナーを楽しく利用してください。 今後のお題の作品は各月末までにお送りください。また川柳・短歌・俳句ともに自由題も同時募集です。 川柳の題10月末締め切り  準備11月末締め切り ずるい12月末締め切り  刻む 俳句の題10月末締め切り 木犀11月末締め切り 落葉12月末締め切り ストーブ 短歌の題10月末締め切り 灯11月末締め切り スポーツ1...続く
スポンサーリンク