令和三年のご挨拶

えがお
大人気!フリーペーパーえがおとは

2021年もえがおをご愛顧くださりありがとうございました。
コロナで始まりコロナに終わるそんな1年になりました。
多くの方と関わることができ、そして皆さんにご迷惑をかけながら支えていただき、この1年も走りきることができたと感じています。

今年は4年目の年で第48号まで無事発行することができました。
これまで印刷部数は伸ばしていく事を中心に考えてきましたが、コロナになってから現状維持をすることの難しさを実感しました。
実際にえがおは2020年2月に部数を減らしてから15000部発行をキープするようにと努めて参りました。

見方を変えてみれば区内30,000人を超える75歳以上の高齢者の方の2人に1人にはえがおが届いているとも考えることができます。

予定していたえがおまつりも第2.3回と開催することができました。
一緒に走ってくれるメンバーの方たちのおかげです。
少しでも地域の方たちを楽しんで元気にすることができたと思います。

コロナ禍でもえがおは地域の高齢者同士がつながり、お互いのことを支えあいながらそのパワーで周りの人たちを1人ずつコツコツとえがおにしていくことがお互いにとって素敵なことだと考えています。

それまで懸案だった投稿も徐々に増えていき、今では俳句川柳短歌などのえがお文壇コーナーは大変多くの投稿に支えられています。各先生方も嬉しい悲鳴をあげてくださっている状況にあります。こんなに多くの方が楽しんでくださっているのなら頑張らなければねとのお返事もいただくこともあります。

そのために紙媒体であることの利点を生かして1枚の紙が何かの交流を産んだり、毎月の楽しみのきっかけを作ったり、そして何かを学ぶ際の指南書として何かを楽しむ際のテキストとして、地域の情報を得るツールとして活用していただけたらありがたいと思います。

えがおを持って配布してくださっている個人の方は39名になりました。今回新たに1名の方が参加してくださり2021年は40名の方が個人ボランティアとして配布してくださっています。

私はせっかく授かったこのエネルギーやパワーを生かして行きたいと考えます。
誰かの「にっこりとしたえがお」を1つでも多く増やすことが出来るようにこれからも頑張っていこうと思います。

毎月10日ごろから15日まではえがおの配布に港北区内を走り回っています。夏は日が昇る前から走ることができ皆さんが起きた頃に笑顔がポストに入っていたと言うこともあったと思います。1日が長く使えるので配布はとても時間をかけ皆さんとゆっくりお話し 可能です。しかし寒い時期は早朝に動くのは大変厳しくそれでも皆さんが待っていると思いと防寒具に身を包み日が昇る前から凍えながら走り出すこともよくありました。

えがおを通じて出会った方たちは数しれず。たくさんのラチナ世代の方達と出会ってきました。私が断言できるのは私が出会ったプラチナ世代さんの中で嫌だなとか困ったなぁと思う方は1人としていなかったことです。

皆さんご自分の人生に向き合いながら今ある幸せを大切にしてそしてできるなら今目の前にいるこの人や他の 少しでも幸せにしたいと考えてお付き合いしてくださる方ばかりです。綺麗事を言うなと言うかもしれませんがこういう気持ち以外になったことがたったの1度もありません。

やり方が下手っぴで皆さんに迷惑をかけ、そして不快な思いをさせることも多いと思います。
それでも私なりに頑張っているつもりです。
こんな出来の悪い私ですがまだまだ進んでいきたいと思っていますのでどうぞご支援ください。

えがおは昨年より年賀状をお贈りしていません。重ねて欠礼をお詫び致します。

このようなことを書きましたがえがおは年末年始もなく1年中24時間稼働中です。何かご相談やお問い合わせまたもし年末年始にお困りのことで他に頼る方がいない場合にはなるべく頑張って対応しますのでいつでもお電話を下さい。

電話番号は 09083051006  です。「えがお本間です」とでます。

ご期待にお答えできないときもありますことをご了承下さいませm(__)m


タイトルとURLをコピーしました