えがおdeプラチナFASHION塾!

この記事は約1分で読めます。
Pocket

江戸きよみさん 86歳 昭和9年10月5日生まれ



少女の時から活発な女の子でした。

1年中寒い場所に暮らし、昭和29年港北区に越してきた。

洋服は大口まで出かけてあけぼの通りでよく買ったものよと教えてくれました。 若い頃は落ち着いた色が好きだったが60歳代を過ぎてから派手な赤等を着ることが増えてきたそうです。

若い頃はスカートそして少し前まではズボンが多かったが今はロングスカートを好んで着ることが多いそうです。

というのも長い間隣にボーリング場があったからねと明るく話す江戸さん。

洋服の買うポイントは直感。

自分に合うなと思ったものはまず試着してみる。

買うときは自分の持っているもの全てが自分の好きなものだから必ず合うと実感して購入を決めるそうです。

今回着ているジャケットは横浜駅のお店でばったりと出会いその場ですぐに購入したもの。


倉屋先生の一言

レースのロングジヤケットのコーデイネイトが良いですね。

トレンドのレースでロマンチックに。

今コロナウイルス感染で暗い世の中をちょっと明るく元気なコーデネイトは如何ですか。

ロマンチックなレースのジヤケットとカジユアルシャツを合わせて見たら。

ミスマッチに装うことこそアクテイブシニアに活気を与えます。