救急医療情報キット

この記事は約1分で読めます。
Pocket

救急医療情報キットは、独り暮らしや高齢者のみの世帯で急病人が出たなど緊急時に迅速な救急活動のため、「かかりつけ医」「治療中の病気」「緊急連絡先」などが記載されている「本人情報シート」を入れるもので、すでに入手しているお届けされている地域や家庭もあるはず。

 

救急対応が必要なときに玄関扉内側や冷蔵庫の扉にシールが貼ってあり、筒内に本人情報シートが入っていると速やかに対応可能です。  

実際に救急車を呼ぶというときはそもそも緊急事態。

救急車を呼ぶときは119番(わかっているはずですが緊張すると頭が真っ白になることも)次に救急であることを伝えると、住所を聞かれます。  

救急車に乗ると「名前・生年月日・飲んでいる薬・普段の様子(血圧や脈拍や持病・既往歴や通院歴…)それにお薬手帳のことも聞かれます。

またこれまでにかかっている病院のことも質問されます。

これだけのことを答えるとなると気が重いですね。

備えあれば憂い無し。

できることを元気なときにしておいくことでいざという時の助けになります。 詳しいお問い合わせや質問は

港北区役所高齢・障害支援課☎(540)2317です。

おかけ間違いのないように。