えがおの先生NO16 阿部佳子先生

この記事は約1分で読めます。
Pocket

えがおの先生NO16 阿部佳子先生


家庭医療を実践する中で地域の大切さを実感し、生まれ育った街に貢献したい、と港北区で活躍する阿部先生。  

病気だけを診るのではなく、家族や環境、行政、経済的なことも含め、また医師以外の他職種での連携も大切にしています。  

例えば認知症の啓蒙。家族や地域の人にもっと知ってもらうことで、認知症になっても、新しい人生を充実して生きて欲しい。

その人らしいスタイルで生ききってもらいたい。

その街づくりの1つが医療者の役目と考えます。  

病気になっても、体が弱っても、役割を大切にしたい。

その想いを叶える支援を行ない、家族や地域に貢献し役立っていることを実感してもらいたいと願います。  

そのために街の人たちに対して疾病の理解・啓蒙に関わってサポートし続けていきたい、と語ります。  

阿部先生の理想は、楽しい仲間同士で一緒に暮らす場を作り、最後の最後まで人生を楽しむこと。  

いつも周囲の空気を明るく楽しくするお医者さんです。


やまと診療所日吉 
港北区箕輪町2-17-19
045-563-5112 
6月にリニューアルオープンした診療所です。
訪問医療専門で自宅まで医師が訪問してくれます。
詳しくは 045-563-5112 までご相談ください。