リンク

自宅介護高齢者睡眠薬常用4人に1人 転倒などの危険も

在宅介護を受けている高齢者の4人に1人が医師が処方する睡眠薬を常用

睡眠薬服用は転倒による骨折の危険もあり、回答したケアマネジャーの過半数は、量を減らすなどの見直しが必要だと考えていた。

ケアマネジャーは「眠るために必要」(67%)
「同居者の夜間介護の負担を減らすために必要」(56%)

「状態によっては適正な薬への見直しが必要」(58%)
「できるなら服用の中止を」と考える人(27%)

医療機関が多い高齢者は同じ薬を重複処方されやすく、
副作用によるふらつきや転倒が大きな事故になる危険も大きい。

★考察
以前にも指摘したが各科の受診を総合的に観る医師や薬剤師が居ないとこのような結果になる。
介護施設の現場でも薬を飲まない高齢者はまずいない。
施設で暮らしていても「睡眠に関する薬」は多く、そのために昼間机に突っ伏している人もいる
医師が積極的に「薬を減らす」方向性を実ぬ様々な可能性から模索しない限り改善は難しいと感じる。

https://mainichi.jp/articles/20171013/k00/00e/040/166000c

高齢者には、トイレがこわい?

筆者は慶成会老年学研究所の宮本典子さん
一言でトイレと言っても私達が子供の頃と違って「用の足し方」は変わらなくても「水の流し方」を筆頭に多くの利用法が存在してきました。
そのために、特に高齢者は「トイレに入ったはいいけれど、さてどうやって流すのか・・・」に難儀します。
説明が書いてあると言っても薄暗いトイレの中で高齢者には読みにくいサイズがほとんど。

中には「流すボタンを探した挙句温水シャワーのボタンで陰部の洗浄をしていた、結局トイレの中が水浸し」なんという笑えない結果も。

外国人にもボタン コック 手をかざすだけ 便座から離れるだけ・・・の多様性がわからず公衆トイレで決断して外で待っている次の利用者に尋ねた人も居たぐらい。

「流す操作」を大きな文字でトイレに目つく所に貼ったそうである。

高齢者には、トイレがこわい?

高齢者元気でゲートボール存亡の危機?

75歳以上の女性の体力が過去最高の水準担って変化が起きている

一例として「ゲートボールはやらないのか」との質問に、「スポーツをやって忙しいからゲートボールはやらない」
かつては愛好者1000万人?
スポーツ庁が去年行ったインターネット調査で、この1年に行った運動やスポーツは60代と70代ではウォーキングや体操などが上位、ゲートボールは20位以下だ。
愛好者もこの20年でも6分の1になった。

たしかに趣味や生活の多様さによって「老人はゲートボール」の図式は崩れているように感じる。
若者からすれば「老人みたいなスポーツ」の払拭がない限り普及の加速はつきにくい。
ルール自体は楽しく考えてする楽しいスポーツなので愛好者が増えたらよいと思う。

高齢者元気でゲートボール存亡の危機?

高齢者は病気になれない? 医療費給付を制限されたら…

記事を書いた岩崎さんの話。

今後の介護や医療のことを話したときに両親に聞いてみた。
母親が話ししたのは以下の言葉だ(抜粋)

「自己負担が増えたら、病気になれないね。がまんできる病気ならいいけど」
「私たちは高齢者と言われるけど、一生懸命働いてきた。70代、80代の人たちは、自分のためじゃない、社会のために」
そんな人達を厄介者扱いするような空気感を感じているのだろう。

一方で父親は以下のような悲しい答えだった。

「そんなに治療費が高いのなら、お金をかけることはない。治療して普通に生活できるようになるならいいけど、そうならないのなら、治療はしなくていい」
「苦しまなければいいよ」

また記事には母親の兄(81歳)の話が紹介されている。
おじの妻(介護度4で80歳)は「夜中に大声をだすのでショートステイなどの施設を利用できない」
病院では1万円の個室を使うよう勧められた。
介護事業所ではもっと高額に・・・

介護離職、アラフィフクライシス・・・など。
ぜひ記事をお読みください。

http://digital.asahi.com/articles/ASKB13DK1KB1UWPJ001.html?_requesturl=articles%2FASKB13DK1KB1UWPJ001.html&rm=1075#Continuation