「論評」カテゴリーアーカイブ

高齢者カウンセラーは障害者 難病社長がビジネスモデル

高齢者カウンセラーは障害者 難病社長がビジネスモデル

 障害者が在宅のまま、テレビ電話を通じて、介護・認知症予防のために高齢者をカウンセリングする――。こんな取り組みに、愛知県東海市が今年度から協力する。障害者の就労を促すのが狙いで、市がカウンセラー養成講座の受講料を事実上、全額補助する。障害者が働けるようにと、難病で体をほとんど動かせない市在住の佐藤仙務(ひさむ)さん(27)らが考えたビジネスモデルという。

 佐藤さんは脊髄(せきずい)性筋萎縮症で、左手の親指などがわずかに動くだけだ。だが、話すことはでき、指先や視線でパソコンを操作し、電話やメールを駆使する。ホームページや名刺などの制作会社の社長として、障害者を雇用している。

 特別支援学校を卒業後、就職できず挫折を繰り返した。傷つく言葉を浴びたこともあったという。それでも「自分で働いて、稼いでみたかった。自分が一歩踏み出せば、ほかの障害者も働けるようになれるのではないか」。19歳で、同じ難病と闘う友人と起業した。

 一般社団法人日本ピアカウンセリングアカデミー(東京、JPA)の代表理事も務めている。そこで考えたビジネスモデルが、障害者をカウンセラーに養成し、インターネットを介したテレビ電話で高齢者と定期的に対話するサービスだ。

 ただ、多くの高齢者が対価を払ってまでカウンセリングを受けるとは考えにくい。そこで、自治体や特別養護老人ホームなどの施設と契約を結べば利用者の負担軽減になると考え、東海市に提案を持ち込んだ。

 障害者がJPAの養成講座を受けて一定レベルに達することを条件に、市は受講料を事実上全額補助することを決め、今年度の補正予算で5人分60万円を組んだ。鈴木淳雄市長は「ここまで考えてくれたので応援したい。まずは障害者のカウンセラーを養成し、育った段階で次の展開につなげたい」。うまくいけば、将来的には独り暮らしの高齢者の見守りなどにも役立てたい考えだ。

 佐藤さんは「東海市の取り組みを成功例にして、障害のある人にも高齢者にも優しいまち、支え合えるまちとして全国に発信したい」と意気込んでいる。(豊平森)

高齢者のフル就業「年金制度が阻害」 内閣府分析、見直せば14万人増

高齢者のフル就業「年金制度が阻害」 内閣府分析、見直せば14万人増

 内閣府がまとめた60歳代の就業行動に関する分析結果によると、働いて一定の収入がある高齢者の年金を減らす「在職老齢年金」がなかった場合、フルタイムで働くことを選択する確率は2.1%上昇し、人数換算で14万人分の押し上げ効果があるとした。内閣府は「制度によりフルタイム就業意欲が一定程度阻害されたことが示唆された」として、制度の見直しが重要と訴えている。

 この分析は、厚生労働省の「中高年者縦断調査」のデータを用いた。分析の対象期間は2005~15年、分析対象は05年当時に50歳代だった男性の被雇用者とした。

 在職老齢年金は、高齢者の月収と年金金額の合計が一定の水準を超えると年金が減る制度。内閣府によると、在職中に年金を受給している場合に同制度による年金停止がなかった場合、フルタイムで働く確率は2.1%上昇した。一方、パートタイムの就業や、働く意欲のある非就業を選ぶ確率は下がった。

 同制度をめぐっては、高齢者の働く意欲をそぐとの批判がある。政府の経済財政運営の基本方針(骨太の方針)では同制度を見直すと盛り込んだ。生産年齢人口が減少し人手不足が深刻になるなか、高齢者の労働参加の重要性は増している。内閣府は「今後は高齢者の勤労に中立的な制度の整備が課題」としている。

 企業側の要因も分析した。厚労省の調べによると、大企業のうち57%が「再雇用制度」、45%が「勤務延長制度」を05年時点でそれぞれ導入していた。内閣府によると、「再就職会社のあっせん」と合わせた3つの勤続雇用制度のいずれかが同時点ですべての企業に存在すると仮定すると、フルタイム就業を選ぶ確率は26.3%上昇。人数換算で176万人分の押し上げ効果があるという。

 このほか、親族の介護をしている確率が10%下がったケースでは、フルタイムでの就業を選ぶ確率の上昇幅は0.31%にとどまった。糖尿病による通院の確率が10%下落したと仮定した場合でも0.41%の押し上げ効果だった。内閣府は「単純比較はできないが、就業選択への影響は制度の有無の方が相対的に大きい」とした。

墓も葬儀も 高齢者の相談に何でも対応 証券大手が営業

墓も葬儀も 高齢者の相談に何でも対応 証券大手が営業
大和田武士
有名寺院でのセミナーや財産の生前整理、お墓の相談――。証券業界で相続などの高齢者ニーズを取り込もうとする動きが加速している。各社は専門知識を持った人材を育成するなど営業体制を強化。年々、高齢化していく顧客をつなぎとめ、高齢者の子の世代とも取引を続ける狙いがある。

SMBC日興証券は東京・上野の寛永寺輪王殿で2月、住田裕子弁護士による生前贈与セミナーを開催した。おごそかな雰囲気で講演に耳を傾けてもらう趣旨だ。参加者は想定以上の約90人。7割が70歳以上で「関心の高さがうかがえた」(広報)という。

同社は今年度に入り、ほぼ全国をカバーする129店舗に、専門知識を持った「相続相談マネージャー」を配置した。「高齢の顧客には、子や孫によい形で資産を残したいという思いがある。証券会社として、その手伝いをする」(SMBC日興の清水喜彦社長)という。

さらに、今後増加していく相続のニーズに対応する人材を育成するため、4月からグループ内に新設した「日興相続カレッジ」で、営業店経験者ら28人が約4カ月間の研修を始めた。

野村証券は1月下旬、東京・日本橋で初めて「終活セミナー」を開催。同社と提携する生命保険、信託銀行、葬儀、墓、遺言などの各分野の企業がブースを設け、証券の顧客と支店担当者が一緒にまわった。顧客の関心事を把握し、よりきめ細かいサービスにつなげる狙いだ。好評を受け、全国で同様のセミナーの継続的な開催を決めた。

日本証券業協会によると、個人投資家の過半数が60歳以上で、65歳以上は43%と推計されている。顧客の高齢化は業界全体の課題だ。若い世代が比較的多いネット証券とは異なり、対面が主流の証券会社の危機感は強い。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は3月までに、相続や承継についてアドバイスする「アセットマネージャー」80人を全国62店舗に配置した。大和証券グループ本社は現在100店にいる「相続コンサルタント」を、早期に全店に配置することを目指す。相続に限らず、医療や介護などについての相談も受ける「あんしんプランナー」を現在の17店舗から順次増員していく計画だ。

大和証券によると、年齢を重ねるにつれ、顧客の資産運用ニーズは「増やす」から「まもる」「つなぐ」へ変化し、取引や来店頻度が低下し、営業員との関係が疎遠になる傾向があるという。中田誠司社長は「家族、親類も含め、高齢なお客様と長期かつ強固な関係を築くために同プランナーなどを拡充する」と話す。(大和田武士)

命を天秤に要求を通す 高齢者の「冥土の土産ハラスメント」急増か

命を天秤に要求を通す 高齢者の「冥土の土産ハラスメント」急増か

●考察

少し大げさな気もする
わたしは高齢者さんと合う機会が多いが今までこのような状態はないですね
しかし実際はどうなのか?

先日電車で私の横の席だけが空いていてそこに80代に見える男性が・・・
席の目の前に立ち、しかし座らずそのまま吸う駅が過ぎ降車していった。
不思議な空気だったが要求とは全く違うものだった。

ここまで考察●

詳しくはこの文字をクリック

「感情労働」とは? | 感情労働の職種とストレスについて

★考察

ある種の職業「サービス業、営業、教師、医療、介護」は感情労働と呼ばれる。
以下に説明がある。

「感情労働」が必要な職種として代表的なものは、「看護師」などの医療職や「介護士」などの介護職、「客室乗務員(CA)」だといわれています。

相手=顧客の精神を特別な状態に導くために、自分の感情を誘発、または抑圧することを職務にする、精神と感情の協調が必要な労働のことをいいます。

感情が労働内容にもたらす影響が大きく、かつ適切・不適切な感情が明文化されており、会社からの管理・指導のうえで、本来の感情を押し殺して業務を遂行することが求められます。

体を使った作業を賃金に変える「肉体労働」、頭を使って創出したアイデアなどを賃金に変える「頭脳労働」に対して、「感情労働」とはその名の通り、感情を抑えることで賃金を得ます。このように、対人の仕事につく人の多くが、決められた感情の管理を求められ、規範的な感情を商品価値として提供しているのです。

上記引用

このように感情を制御することで成り立っていると何処かに弊害が出てしまうこともある。
そのときに「自分を確立」して「適切な自己中心的」な振る舞いが求められる。

「いま感情を抑制しているな・・・」とか
「あるべき姿を演じているな・・・」のように客観的に対応できたら良いと思う。

ここまで考察★

詳しくはこの文字をクリック

亡くなった親のタンス預金 遺品整理業者がネコババしている可能性も

●考察

実際の片付けの現場でも現金が出てくることは毎回だ。
しかしこれほど高額な現場になったことはない。
金額の大小はここでは問題にしないが記事にある通り
「なんとかしたいが事情で止む無く自宅に置いている」という現状は理解できる。

お金の置き方も「間口の広いザルのような容れ物に入れている」や
テーブルの端っこにまとめてある、
一番多いのは小銭を透明ビニール袋に入れている、だった。

バラけてしまいたくない。
どこに容れたか忘れたくない。
そういう気持ちの現われだ。

ここまで考察●

詳しくはこの文字をクリック

“高齢おひとりさま” のほうが気楽!「ひとり暮らしこそ老後の理想です」

★考察

「高齢者のひとり暮らしは寂しくない」という報告。
高齢者は一人で生きるのが良い のではなく
「暮らしは煩わしくないほうが良い」ということが趣旨のようだ。
地域に出かけたり旅をしたり・・・の楽しみは重要だということ。

夕食を作る時間が長い傾向が日本人にはあるようだ。
そこのところを夫婦二人ならお互いに楽しむ時間に変えるのはどうか?

ここまで考察★

 少子高齢化の日本でいま急激な勢いで増えつつある単身世帯。2040年には国民の4割がひとり暮らしになると予測されている。女性は男性より平均寿命が7年も長く、子どもがいても、やがては巣立つ。いつかはやってくる「おひとりさま」状態に不安を感じている読者は決して少なくないだろう。

「いえいえ。ひとり暮らしこそ老後の理想型です」

 こう語るのは、大阪府門真市の耳鼻咽喉科専門医で、『老後はひとり暮らしが幸せ』などの著書がある辻川覚志医師(66)だ。

「おひとりさま状態」のほうが気楽
 辻川医師は、市の医師会による高齢者向け電話相談や、受診者からの聞き取り調査を行い、60歳以上の高齢者1000人以上にアンケートを実施、100点満点で毎日の満足度などを採点してもらった。

 すると驚くべき結果が。独居生活者の平均は73・5点と、同居者がいる人の68・3点を5点以上も上回ったのだ。

詳しくはこの文字をクリック

虐待の神奈川県の詳細

虐待者の続柄は息子が402人と最も多く、夫203人、娘187人の順であった。
それまで他人の世話(ケア)をすることが少なかった男性は介護という意味の忍耐がなかなか続かないのでは、とも考える。
介護は身内で行うことは想像以上の負担がある。
そういうことを知っていくことこそ相互理解の入り口だと思う。

介護に困っている人よりも「今介護に関係のない救い手側になれる人の理解」こそが重要だ。

詳しくはこの文字をクリック

厚労省が公表 「高齢者が注意すべき薬」が警告するリスク

 厚生労働省の「高齢者医薬品適正使用ガイドライン作成ワーキンググループ」がまとめた指針案では、「高齢者で汎用される薬剤の基本的な留意点」と題して、注意を要する薬剤39種とその副作用などが示された。この情報をどのように活用すべきなのか。ワーキンググループ構成員の、たかせクリニック理事長の高瀬義昌氏が説明する。

「高齢者に広く使われている薬について、“この部分は注意しましょう”という見解をまとめました。これまで老年医学会が同様の試みをしたことがありますが、今回は厚労省主導で様々な学会を横断的に見て作成した。薬の評価は学会ごとに見解が異なるためとりまとめは難しいのですが、今回はそこに踏み込んだ内容になっています」

 高瀬氏は公表されたリストはあくまで薬剤についての留意点であり、「服用を中止すべき薬」ではないとする。

 ただ、高齢者ほど慎重に薬を服用すべきであることは間違いない。薬剤師の堀美智子氏は「今回のリストを参考にして、一人ひとりが薬の知識を高めることが肝心」としている。

詳しくはこの文字をクリック

死を最も恐れているのは高齢者ではなく20代 ビジネス、恋愛に「実年齢」は無関係

★考察★ 
世界28市場で20~79歳の回答者約2万4000人を対象に定量アンケート調査の結果を読み解くもの。
内容が濃くためになる。
日本の高齢者は孤独が多いことを訪問回数やスキンシップのことなどから読み解く。

高齢者関係の仕事の人は読んでおいたほうが良いと思う。

★ここまで考察★

 今、世界中のあらゆる年代で「年を取ること」に対する捉え方が大きく変化しているという。100カ国超に展開する米マッキャンは、全世界で実施した調査「TRUTH ABOUT AGE(年齢についての真実)」を踏まえ、新しい年齢マーケティングにおける4つの原則を導き出した。詳細を、マッキャンでプランニング本部長、エグゼキュティブプランニングディレクターを務める松浦良高氏に聞いた。

松浦良高氏(以下、松浦):当社では、毎年約30カ国3万人に向けて「世界の市場と生活者はどのようなことを考えているのか」ということをテーマとした大規模な調査を行っています。なかでも今回フォーカスしたのは、「年齢」です。世界28市場で20~79歳の回答者約2万4000人を対象に定量アンケート調査を実施し、それを補うために世界35市場でインタビュー調査も行いました。

 はじめは、「高齢化社会の真実」を調べようとしていたんです。ところが調査をしていく中で、年を取っていくことを気にしているのは高齢者だけではなく、むしろ若者の方が気にしているという発見がありました。そこで「年齢についての真実」というタイトルに変更したのです。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/090200078/022300240/