認知症高齢者の財産を守れ 信金OBが立ち上がった

 判断力が弱った高齢者は詐欺商法に狙われやすい。被害を少しでも食い止めようと、信用金庫のOBたちを集めた団体が成年後見人になり、認知症のお年寄りの財産管理に乗り出す動きが全国に広がっている。

★考察

地域に根ざす信用金庫のOB.
お金のプロでもあり、地域の顔でもある。
そこに福祉、介護職が関われば大変有意義である。

だれでも「1人で通帳と印鑑を持ち権利を渡されれば魔が差す」と考えてくれる人たちがチームで対応することの安心感は大きい。

ここまで考察★

詳しくはこの文字をクリック

本日開催です!
第6回 えがおの仲間  第2回 えがおの講座
7月8日(日)13時〜15時、菊名地区センターにて開催。(参加費500円)どなた様もぜひお越しください。
NPOフラットハート理事長 おからさんの青木恵美子氏を迎えて「地域と共生する施設運営」をお話しいただきます。
就労継続支援B型事業所 と 横浜市生活支援補助事業サービス を並行して行いながら地域との共生を進める青木氏に これまでのこと、これからのことなど地域との共生の視点でお話しいただきます。
参考URL
https://www.flatheart.or.jp/

今まで情報交換やビジネス交流などの効果も生まれ、新しいきっかけになってきました。
ぜひお気軽に参加ください。

●考察

実際の片付けの現場でも現金が出てくることは毎回だ。
しかしこれほど高額な現場になったことはない。
金額の大小はここでは問題にしないが記事にある通り
「なんとかしたいが事情で止む無く自宅に置いている」という現状は理解できる。

お金の置き方も「間口の広いザルのような容れ物に入れている」や
テーブルの端っこにまとめてある、
一番多いのは小銭を透明ビニール袋に入れている、だった。

バラけてしまいたくない。
どこに容れたか忘れたくない。
そういう気持ちの現われだ。

ここまで考察●

詳しくはこの文字をクリック

★考察★ 
世界28市場で20~79歳の回答者約2万4000人を対象に定量アンケート調査の結果を読み解くもの。
内容が濃くためになる。
日本の高齢者は孤独が多いことを訪問回数やスキンシップのことなどから読み解く。

高齢者関係の仕事の人は読んでおいたほうが良いと思う。

★ここまで考察★

 今、世界中のあらゆる年代で「年を取ること」に対する捉え方が大きく変化しているという。100カ国超に展開する米マッキャンは、全世界で実施した調査「TRUTH ABOUT AGE(年齢についての真実)」を踏まえ、新しい年齢マーケティングにおける4つの原則を導き出した。詳細を、マッキャンでプランニング本部長、エグゼキュティブプランニングディレクターを務める松浦良高氏に聞いた。

松浦良高氏(以下、松浦):当社では、毎年約30カ国3万人に向けて「世界の市場と生活者はどのようなことを考えているのか」ということをテーマとした大規模な調査を行っています。なかでも今回フォーカスしたのは、「年齢」です。世界28市場で20~79歳の回答者約2万4000人を対象に定量アンケート調査を実施し、それを補うために世界35市場でインタビュー調査も行いました。

 はじめは、「高齢化社会の真実」を調べようとしていたんです。ところが調査をしていく中で、年を取っていくことを気にしているのは高齢者だけではなく、むしろ若者の方が気にしているという発見がありました。そこで「年齢についての真実」というタイトルに変更したのです。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/090200078/022300240/

高齢者のスマホ利用を後押しする「ルミナスアシスト」 メールや通話の着信、光ってお知らせ ハタプロが開発
スマホの通知を光で知らせる機能が話題に。

★考察★ 

これはわかりやすいですね
携帯電話を光ってお知らせする機能は以前からありましたが
スマートフォンには使っていなかったですね。

QRコードも良いと思いますが「みまもりあい」http://mimamoriai.net/ 
と連携するとより良い状況になるのでは、と思います。

★ここまで考察★

詳しくはこちらをクリック