「地域」カテゴリーアーカイブ

イベント実施します! 「城・人 つながりって素晴らしい」

イベント名

「城・人 つながりって素晴らしい」

フリーペーパーえがお主催:えがおの講座  
後援 港北経済新聞 公益財団法人日本城郭協会

2018年8月25日(土)18時30分~20時30分
港北公会堂 第1会議室 90名限定。

登壇者
お城ジオラマ復元堂 代表  
城郭復元マイスター 二宮 博志氏

横浜市教育委員会
港北図書館長 木下豊氏 

テーマ
2017年4月6日(城の日)に続日本100名城に小机城が選定され、その後、わずか4か月で城郷小机地区センター会場を超満員にして盛り上がった「小机城フォーラム2017」は、どのようにして開催出来たのか。その舞台裏と盛り上げのキモ、その後、何が起きているかを知る。

Ⅰ部
「城の魅力・人の魅力~小机城フォーラム2017の意義、そして、今、何が起きているか~」
お城ジオラマ復元堂 代表  
城郭復元マイスター 二宮 博志氏
人と人が城つながりで出会って、ひろがり、盛り上がる。今、ジオラマや城プロデュースで全国各地の観光振興等に駆け回って大活躍中の城郭復元マイスター二宮博志氏をお迎えし、昨年、小机城フォーラム事務局を担った経験談や今、各地で城ブレイクしている近況を伺います。

Ⅱ部
「人・まち・こころ・つながり~地と知の拠点、城と図書館の親和性は抜群~」
横浜市教育委員会
港北図書館長 木下豊氏 
まちとまち、人と人をつなぎ、二宮氏との出会いから2か月で小机城講演会やジオラマ展示会を図書館で開催し、そのつながり力を活かし小机城フォーラムをコーディネートした早わざを、今や図書館界で全国級の知名度となった港北図書館長の木下豊氏から伺います。

参加費 900円(資料代・ソフトドリンク代込み)
★申し込み★
このページで参加としていただくか、もしくは
以下のメールアドレス・FAXにてお申し込みください。
kouhokuegao@gmail.com
FAX 045-299-6432

お問い合わせ
フリーペーパーえがお
担当 本間
090−8305−1006

本日開催!

本日開催です!
第6回 えがおの仲間  第2回 えがおの講座
7月8日(日)13時〜15時、菊名地区センターにて開催。(参加費500円)どなた様もぜひお越しください。
NPOフラットハート理事長 おからさんの青木恵美子氏を迎えて「地域と共生する施設運営」をお話しいただきます。
就労継続支援B型事業所 と 横浜市生活支援補助事業サービス を並行して行いながら地域との共生を進める青木氏に これまでのこと、これからのことなど地域との共生の視点でお話しいただきます。
参考URL
https://www.flatheart.or.jp/

今まで情報交換やビジネス交流などの効果も生まれ、新しいきっかけになってきました。
ぜひお気軽に参加ください。

とりやま夏マルシェ!!!

【この夏も、やってくる!】

とりやま夏マルシェ!!!

春にチャレンジしたとりやま春マルシェ。

8月5日(日)に
夏マルシェとして帰ってきます!

春と比べると、
関わってくださる人、団体さんが

ぐぐっ!

と増えました!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
第1部はマルシェの部(9:30~12:30)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
エステ、メイクなどなど
「美」
をテーマにしたサービスがたくさん出店!

それじゃあ、
きれいになった姿を写真に撮りま
しょうよ!
ということで、
カメラマンさんサービスも来ていただけることになりました!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
第2部はコンサートの部(13:00~15:30)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
コンサートテーマは

「おやつと音楽で世界旅行!」

世界中のおやつと
世界中の音楽で満たされる2時間半。

知っている国もあれば、
知らない文化もあるでしょう。
そこから日本を
もっと知れるかもしれない!

ギターだけでなく、
沖縄三線やクラリネットなど、
春と比べて
たくさんの演奏者さんが参加してくださいます!

第2部のみ
観覧にチケットが必要にになります。

音楽チャージ+世界のおやつ3種類選べて 500円!

限定30枚の前売りチケットは、
ハンドドリップのコーヒー付き!
断然お得です!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
第3部 小机ギター茶会の部(16:00~18:00)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
クラシックギタリスト斎藤修一郎氏主催の
音楽好きが集い
奏で、
食べ、
飲み、
つながり
楽しむ茶会です。

春の茶会には
神歌やお経などとギターが即興セッションを行うなど
初めて会ったもの同士とは思えぬ
音楽を通した交流が起こりました。

演奏する場合は
参加会費として500円必要ですが
聴くだけなら無料です。

どんなコラボが巻き起こるか!
ギター茶会の奇跡に期待です!!

チケットの入手方法は度は
別記事や濱なかまのHPへ
随時掲載していきます。

第6回 えがおの仲間  第2回 えがおの講座

第6回 えがおの仲間  第2回 えがおの講座
NPOフラットハート理事長 おからさんの青木恵美子氏を迎えて「地域と共生する施設運営」をお話しいただきます。
就労継続支援B型事業所 と 横浜市生活支援補助事業サービス を並行して行いながら地域との共生を進める青木氏に これまでのこと、これからのことなど地域との共生の視点でお話しいただきます。

7月8日(日)13時〜15時、菊名地区センターにて開催。(参加費500円)どなた様もぜひお越しください。

参考URL
https://www.flatheart.or.jp/

今まで情報交換やビジネス交流などの効果も生まれ、新しいきっかけになってきました。
ぜひお気軽に参加ください。

(今回が正しい6回目です)

秋田大山本文雄学長「高齢者の生活拠点に」 自治体や企業も支援

秋田大山本文雄学長「高齢者の生活拠点に」 自治体や企業も支援

●考察

想像するに秋田駅前に「高齢者と若者、学生、留学生、医療関係者も一堂に会し、交流しながら暮らすコミュニティー」ができる、と言う感じだ。
それはグラウンドがあり子どもたちが走り、学校に通う姿が見え、J2サッカーチームを筆頭にスポーツを楽しみ、外国の人や他地域の出身者が自然なコミュニティーとなっている姿だ。

もしこれが実現することになれば言うことはない。

ここまで考察●

 秋田大の山本文雄学長が産経新聞のインタビューに応じ、同大を高齢者が生活できる拠点とする構想を明らかにした。「若者、学生、留学生、医療関係者も一堂に会し、交流しながら暮らすコミュニティーにしたい」という。東京工業大、県医師会と高齢化社会の対応に向けた三者間協定を締結、県内の企業・団体がビジネス面から支える「三者間連携支援コンソーシアム」も発足した。(藤沢志穂子)

 「コンソーシアム」は、産学協同を橋渡しする役割で1月に発足。秋田市の医療関連会社アルファシステムが事務局で、これまでに県や大館市、秋田銀行など約20の企業・団体が参加を表明している。三者連携は昨年3月に締結され、介護支援ロボットや遠隔医療技術、健康食品開発などの共同研究を進めてきた。

 国立社会保障・人口問題研究所が発表した2045(平成57)年までの将来人口推計では、県は人口減少率41%、65歳以上の高齢者比率50%といずれも全国で最も高い。「『高齢化県』を逆手に取り、最先端の研究で地域貢献し、健康寿命を延ばしたい」と話す。

 高齢者が元気なうちに地方に移住する「日本版CCRC構想」に伴う再開発はJR秋田駅周辺で進むが、「終(つい)の棲家(すみか)」としての広いニーズは満たせていない。

 「元気な間はどこで暮らしてもいい。ただ、80~90代になったとき、子供たちが企業で要職にあるなどして『迷惑をかけたくない』と考えるだろう。肉親だけで何とかする時代は終わった。看取(みと)りまでできるシステムにすれば安心して住んでもらえる」

 同大はサッカーJ3で初優勝したブラウブリッツ秋田がJ2昇格するための条件となる新スタジアム整備にも名乗りを上げた。JR秋田駅から徒歩圏内という地の利を強調する。

 「グラウンドを安く貸せて、活性化にも貢献できると考えた。少子化のなか、スポーツの環境を整えれば、秀でた選手も集まる可能性がある」。高齢者の拠点としても「健康体操などのイベントを開き、人が集まれる場所になってもいい」と語った。

http://www.sankei.com/region/news/180516/rgn1805160004-n1.html