アマゾンを語る詐欺の手口・・・

えがお
えがお えがおからのお知らせ 注意喚起 港北区情報 論評 高齢者
この記事は約3分で読めます。
Pocket

アマゾンを語る詐欺の手口・・・

 

詐欺メール

編集長本間のメールアドレスにまたまた詐欺のためのメールがやってきました。

実際のメールの画面 その1

最初の画面を見るとアマゾンがカード情報と請求先住所の確認をしたと読むことができますね。

見たところまともなメールのように見えます。

しかしなにがおかしいのか・・・を解説します。

基本的にアマゾンや楽天サービスまた各種保険会社やカード外車から連絡が来て何かカード情報や住所パスワードや暗証番号などを求められる事は原則ありません。

なので下の画面にもありますがカード情報などを打ち込むと言うことが買い物をしたその時のみでそれ以外に記載があれば全部詐欺と言って良いと思います。では下の画面の何が怪しいのか確認していきましょう。

 

この画面だけを見ると一瞬正しいように感じられますが上にも書いた通りメールでカード情報や請求先情報などを確認しますと言う事は原則ありません。もしそのような場面に出くわしたらインターネット操作等に詳しい家族の人に相談してくださいね。分からなければえがおの方でも対応しますのでご連絡 いただければ誠実に対応いたします。

 

対応の仕方 その2

 

上の画面を見て赤い線を引っ張った差出人と書いたところの後の青い文字を見るとAmazon.co.jpとあり本物のアマゾンから来たように見せています。ここが詐欺の始まりです。

本物のAmazon.co.jpであれば差出人のメールアドレスも、@から後がAmazon.co.jpになっているはずなんです。

ですので2番目の画面の差出人Amazon.co.jpを押してみましょう。

押すだけでは詐欺の被害を受ける事はありません

 

これがこのメールの本当の差出人です その3

 

この上の画面が上記のAmazon.co.jpを押した後の次の画面になります。画面の中を上に白い文字でAmazon.co.jpと書いてありますが赤い文字であったのがアマゾン.co.jpに見せかけている本物のメールアドレスです。このように確認すれば 間違いなく詐欺メールであることが確認できると思います。もちろんこのメールはゴミ箱に捨てるなり削除するなりしてください。

 

本当の話 その4

私は仕事柄メールアドレスを公開しているのです。

このメールはそのえがお専用のメールアドレスに来ているのです。

 

私がアマゾンを使っているメールアドレスはこちらではありません。

ですのでどのように対応してもこのメールアドレスにアマゾンからメールが来る事はありえないのです。

 

詐欺被害は次の詐欺を生みます その5

詐欺をする人は人の弱みにつけ込みます。

たまたまタイミングよくアマゾンを買い物した直後にメールが来たりします。

そのようにメールを送るだけで人を騙し、お金を儲けることだけに注力しています。

小額でも金額を渡してしまうことで次の活動費を渡してしまうことになります。

ですから少しでも詐欺に合わないように皆さんも気をつけてください。もちろん皆さんが一生懸命働いて節約をして貯めてきたお金です。

何より大切に使ってくださいね。