56歳の誕生日に

えがお

おはようございます。

今日は僕の誕生日 1963年10月6日 僕はこの世に誕生したのでした。

 

上の写真は、僕が生まれたときのへその緒がはいっている箱です。

マッチ箱くらいの大きさです。

これは僕の体でもありますが母の身体でもあります。

昭和6年生まれの父と8年生まれの母。

それぞれの青春を生きて夫婦になり、家族になりました。

今は天国にいる父と母に感謝を込めて、この文章を書いています。

上の写真1988年 わたしの歳と同じ母と2歳(58歳)上の父です。

今、えがおの活動の時にお会いする素晴らしいプラチナ世代(高齢者)さんを父や母だと思っています。

だから、父や母に伝えることが出来なかった「人生を感謝する気持ち」を皆さんを通じて伝えさせてもらっています。

僕は今、この時代を生きていて、毎日がお祭りのように、葬儀のように、入学式のように暮らしています。

共に生きてきた兄妹、愛する妻・美保と、不自由なく暮らせる環境、そしてわたしを見守り、認め、鼓舞して、励ましてくれる多くの仲間達。ありがとうございます。

今のところまだ動けるから、動くことで誰かがえがおになるのなら、僕は動こうと思う。

動けなくなる時が来たら、動くことでないことで、誰かをえがおにしていこうと思う。

何ごとも自分の可能性と自分ができることをその時に探して、

「きっと誰かの小さなえがおのためになる」そう信じて行動していきます。

思いつきではないきっと人生の目標でしょう。

その僕にも命の終わる時が来ます。

そのときに「誇り高き父母から受け継いだこの身体の僕は、嫌な思いをさせても来たけれども、きっと克之にしかできない、克之らしい、でもほんのちいさな何かをこの世に残したね」と天国の父母が迎えてくれる、そんな夢を見ながら僕は目を閉じたいと思います。

その日が来るまで僕は僕らしく生きていこうと思います。

そんな決意を込めて誕生日の私自身にむけて言葉を。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました