日本の少子高齢化は「危機」ではなく「チャンス」 / 出井伸之


人生の岐路に立った高齢者。
人口も減っていく予想が一般的だ。
しかし「岐路」なのか「チャンス」なのかは捉え方の違いだ。
そこでポイントとなるのは以下の3点。
1 定年制度の見直し
年齢でなく能力での線引き
2 ベーシックインカムの導入
一定額の収入保証で働く意義の組み換え
3 教育制度の見直し
検索で事足りるのだからクリエイティビティあふれる教育方針への転換
そして
GDPより「KPI}を重視すること
KPI(Key Performance Indicator/重要業績評価指標)です。KPIとは、KGIを達成するためのプロセスが適切に伸長しているかを中間的に計測するものです。
https://www.seohacks.net/basic/terms/kgikpi/
これには中央集権よりも地方集権国家がふさわしい。
よって「廃県置藩」に踏み切れば小さな集団に属する人々が助け合う。
上記の主張だ。
内容は少し衝撃的だが方向性は賛同できる。

日本の少子高齢化は「危機」ではなく「チャンス」 | 出井伸之
人生は岐路の連続。最良の選択でチャンスを呼び込むためには、自身と深く対話し、自分の中の価値観をつくり変革していくことが重要である。この連載は、岐路に立つ人々に出井伸之が送る人生のナビゲーション。アルファベット順にキーワードを掲げ、出井流のH
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました