高齢者のICT利活用の課題と対策2016(総務省)

NO IMAGE
Pocket

高齢者のICT利活用の課題と対策2016(総務省)

拡がり続ける情報格差
ースマホ普及で急増する高齢者ネットトラブルー 「ICTを使えると楽しい」から「知らないと大損害」

75歳以上の人は我が国に1641万人
総人口の割合は12.9%になりました。

「拡がる情報格差で高齢者間格差」
ICTを利用する高齢者は社会参加が多く活動的である。
また男性がICT利用が多く、女性単独になると引きこもりがちかつ「孤立して認知症リスク」が高くなる。

次の問題は生涯未婚率1位は東京(男性25.25%、女性17.37%)(国勢調査)。
今後は独居老人が増えてきて「家庭、家族介護」は期待できなくなる。
ここにどうICTを活用できるかが鍵になる。

課題2 は高齢者のネットトラブル急増中 高齢者消費生活相談の2位に「アダルト情報サイト」2016年 消費者白
巧妙化する不正請求にたいして

1 高齢ネット利用者の増大とスマートフォン普及 ー電話で脅迫される
2 操作に不慣れで、ネット上の悪意に免疫がない ースルーできない
3 アダルトサイトからの不正請求を友人や家族に相談できない
4 成人向け広告の横行と、高齢者の情報リテラシー不足 ーネットは無法地帯

上記の理由があってうまく対応できなくなる傾向が強い。

途中は事例なので省くが最終的には

「ICTを活用して楽しく 心豊かな老後を」を標榜している。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000458086.pdf

生活カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。