認知症サポーター養成講座開催!

5/25(土)

認知症サポーター養成講座が開催されました。

今回の目玉は「認知症のひとり歩きの声かけ模擬訓練」

実際に商店街に出向いて町中で模擬訓練を実施しました!

6名の参加でゆっくりしっかり学びを共有できました。

その中に認知症を支える側のエキスパートも居てちょっと緊張しましたが無事開催できましたよ。

参加した80代の女性は

「息子と一緒に参加したかった〜!」と感想を話してくれました。

小さな支え愛の一環としても嬉しいことですね!

不思議なお話

えがおが港北区区内の多くの場所で配架されいます。

その中でもいくつかの場所では防水用のマガジンラックに入って置いてくれている所も多いのです。

 

その一つ、菊名の「ギャラリースペース弥平」さんから聴いたお話し。

ある日ギャラリーの仕事をしているとギャラリーの前に車がすっと止まった。

スペースを使いたい人かな?と思い入ってくるのを待っていると車から降りてきた中年の男性がおもむろに向かったのはマガジンラック。

 

そこから取り出したのは「えがお」

それを一枚すっと抜き取って車に乗って行ってしまったそうです。

さすが「えがお」人気あるわね!とえがおで教えてもらえいました。

えがおを持って回っていると(^^)

いつも伺う菊名の八百屋さん

人気のお店でいつも並んでいるんです。

その数普通でも15人位。

これが夕方の忙しい時間になるとお店を飛び越えてしまうこともあります。

このお店のレジを終えた買い物を袋に詰めるところにも「えがお」は置いてあります。

発行日に持っていくのですがどこにもない様子。

持っていってくれる人がいるのですね!

鈴木青果さん いつもありがとうございます\(^o^)/

奇跡の出来事

今日の奇跡を・・・

5月13日それはお昼ごろのことでした。

新しく刷り上がったフリーペーパー笑顔を持って地域の書店に配布しに行きました。

「えがお」の事とか本の事などを話していると、お店の前をちょうどプラチナ世代の集団が通り過ぎました。

いい機会だからとえがおを何枚か持って、「これ私が作っているシニア向けのフリーペーパーなんです!ぜひ見てください」と配り始めました。

そうすると1人の女性が大きな声でびっくりしたようにいました。

あれこれうちの旦那!!

お話を聞くと自分の夫がここに写真付きで掲載されているのです。しかも表紙巻頭カラーで。

昨日刷り上がり、今日から配布しているフリーペーパー「えがお」の表紙の大杉さんは自分の夫がここに出ていると初めて知ったそうです。

驚いたでしょうね!

似たような事は今までもありましたが、「私の夫がここに出ている」と言うのは初めての出来事でした。

 

えがおの6月号

えがおの6月号配布をしております!
毎月15日発行です!次は6月15日です!フリーペーパー「えがお」のお願いです
ぜひ複数持ってお友達に差し上げて下さい
「80歳で毎日2万歩も歩く大杉さん!」