愛犬、愛猫が孤立…高齢者がペットを飼うことの「功罪」とは?

愛犬、愛猫が孤立…高齢者がペットを飼うことの「功罪」とは?

★考察

高齢者にとって幸せ感や交流の鍵となるペット。
しかし世話をしてあげられなくなることから飼うことができないことも事実。
動物愛護協会などは60歳を超えると譲渡が難しいケースも有る。
高齢者が安心してペットと暮らす工夫が必要だ。

ここまで考察★

高齢者の中には「第二の人生」を歩む時のパートナーとして、ペットを飼いたいと考える人も多いようだ。しかし、実際には自らの病気やけがなどでペットを飼うことがままならなくなり、介護の関係者に負担をかけたり、近隣の人たちに迷惑をかけたりするケースも出てきている。ペット業界に詳しいジャーナリストの阪根美果さんに、高齢者とペットを巡る現状と、高齢者とペットが幸せに暮らすための心がけなどについて解説してもらった。

詳しくはこの文字をクリック