虐待の神奈川県の詳細

虐待者の続柄は息子が402人と最も多く、夫203人、娘187人の順であった。
それまで他人の世話(ケア)をすることが少なかった男性は介護という意味の忍耐がなかなか続かないのでは、とも考える。
介護は身内で行うことは想像以上の負担がある。
そういうことを知っていくことこそ相互理解の入り口だと思う。

介護に困っている人よりも「今介護に関係のない救い手側になれる人の理解」こそが重要だ。

詳しくはこの文字をクリック