自民党 後期高齢者医療 2割負担提案へ 財政検討小委

国の財政健全化策を検討する自民党の財政構造のあり方検討小委員会(小委員長・小渕優子元経済産業相)は27日の会合で、後期高齢者医療制度の自己負担を2割に引き上げることなどを盛り込んだ中間報告案を大筋了承した。

 現在は原則1割の窓口での自己負担について、2割に引き上げるよう政府に求める。医療保険分野の歳出抑制にも言及した。

 政府が夏に取りまとめる新たな基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化目標に反映させたい考えだ。29日の党財政再建に関する特命委員会(委員長・岸田文雄政調会長)に報告する。【小田中大】

詳しくはこの文字をクリック

JR東日本、越谷に子育て・高齢者支援施設

 JR東日本は4月1日、子育て支援と高齢者福祉の複合施設を埼玉県越谷市に開設する。越谷レイクタウン駅近くに保育園や学童保育施設、デイサービスなどを併設。10月には武蔵浦和駅(さいたま市)近くにも同様の施設を開業させる見通しだ。子供と高齢者など多世代交流を促し、暮らしやすい沿線づくりにつなげる。

 施設名は「コトニア越谷レイクタウン」と「コトニア武蔵浦和」。JR東日本は2013年から首都圏で同様の複合施設を開設している。埼玉県内への進出は初めて。

 越谷市では武蔵野線高架下に定員90人の認可保育園と学童保育施設、一時預かり保育や育児相談などに応じる保育ステーションを設置。園庭を挟んだ土地には機能訓練型のデイサービス施設を設ける。子供と高齢者が交流できるイベントの実施なども想定する。

 さいたま市では武蔵浦和駅近くの埼京線沿線の土地を活用する。4月1日に認可保育園と学童保育施設を設け、10月に運動型デイサービス施設を開業させる予定。両施設の間には園庭や菜園を設け、多世代が一緒に作業できるようにする。

高齢者が転倒したら…速やかにチェックすべき4つのポイント

 後々のダメージが深刻になることもある高齢者の転倒。転んだ親本人が対処できないことも多いだろう。家族としては慌てずに、適切な対処をしたいところ。そのために速やかにすべきこと、やってはいけないことを頭に入れておきたい。

「速やかにチェックすべきは骨折や脳の損傷がないかどうかです」と、セコム医療システム取締役 ケアサービス部の武石嘉子さんは言う。

「これらがある場合、動かすことで状態が悪化することがあるので、できるだけ転倒したときの姿勢のまま、

【1】意識の有無
【2】骨折による腫れ、変形、機能障害があるか
【3】嘔吐、出血があるか
【4】痛み、吐き気、不快感があるかをチェックしてください。

1つでも当てはまれば、緊急の処置を要する可能性があります。落ち着いて救急車を呼びましょう」

 一見して大きなダメージが見られなくても、簡単に対処不要と判断するのは不安だ。

「頭を打ったときによく発症する硬膜下血腫は、脳からの出血が頭蓋骨のすぐ内側の硬膜下にたまり、脳を圧迫するもの。出血が急激に起こる急性硬膜下血腫は、すぐに意識障害などが起こりますが、ジワジワと血腫ができる慢性硬膜下血腫の場合は、打撲した直後は無症状。打撲から数週間~数か月後に頭痛や嘔吐、認知症のような症状が出ます。

 転倒後に異状がなくても、頭を打っている場合はできるだけ早く検査のできる病院を受診しましょう。さらに判断に迷うときは、かかりつけ医や訪問医、訪問看護師に相談を。善後策を提案してくれるほか、病院への橋渡しもしてくれます」

 また離れて暮らしている場合は、親がひとりで転倒するような状況も心配だ。

「高齢者は転んだ状態のまま動けなくなることがあります。独居の室内で転んで身動きが取れず、脱水、衰弱状態で数日後にやっと発見されるケースも少なくありません。室内の数か所に電話の子機など連絡手段の配置や、足元照明を設置するなどの工夫を。特に夜間のトイレは転倒リスクが高いので、夜間だけおむつなどを使うのも1つの方法です。また緊急時、近所の人に入室して助けてもらえるよう、事前に入室方法などを相談しておくのも安心です」

詳しくはこの文字をクリック

人のいい高齢者から数千万円奪い取る証券会社と銀行…危険な金融商品を「情」で営業

★考察

実際に高齢者と接しているとみなさん「頑張っている若い人」にめっぽう弱い。
お願いすると「いいよいいよ」とそれでいいよ肯定してくれる。

今回の案件も「売ってこい」という会社の指示が大きな背景にある。
「売上偏重体制」とでも表現するこの時代は長くは続かない。

何処かで振り返るときにそのおおきな「過払い状態」にもにたことから脱却するには長い時間がかかるだろう

ここまで考察★

詳しくはこの文字をクリック

茅ヶ崎市コンビニと高齢者見守り セブンに続きローソンも

考察
高齢者の生活を守る最後の砦はコンビニエンスストア
ここで買い物ができないと高齢者の生活は危機を迎える。
大げさではなくて「危機」なのだ。

その砦が来店割合の4割に迫る高齢者に配慮することはWin-Winの関係になる。
ここまで考察

https://www.townnews.co.jp/0603/2018/03/23/424889.html

抗血栓薬を服用する高齢者の頭部外傷に注意

★考察

抗血栓薬(大きく分けて3種類)の服用は介護施設も含めて高齢者の服用は多い。
店頭などの低エネルギー外傷でも問題が大きくなりやすい。
問題なのは「転倒の多さ」へのアプローチだと思う。

転倒してしまいやすいのは昨今報道されている「多剤服薬」の影響はどうであろうか?
高齢者は転倒すると重篤になりやすい、というのは以下のデータでわかってきたのだから「転倒しない」方向への対応を期待する。

ここまで考察★

 高齢者の頭部外傷が増加しており、特に抗血小板薬や抗凝固薬などの抗血栓薬を服用している場合は重症化しやすいため注意が必要なことを社会に啓発する「Think FAST」キャンペーンが始まった。第43回日本脳卒中学会学術集会(STROKE 2018、3月15~18日、開催地:福岡)で、同キャンペーン実行委員会の末廣栄一氏(山口大学脳神経外科)が発表した。

 日本脳神経外傷学会が集計している日本頭部外傷データバンクによれば、重症頭部外傷受傷者に占める高齢者(65歳以上)の比率は徐々に上昇し、直近では51.7%と半数を超えた。高齢者の受傷原因は転倒・転落が54.8%と、全年齢層(40.7%)に比較して多い。交通事故のような高エネルギー外傷は少ないが、転帰良好率は全年齢層の30.3%に対して高齢者では14.6%と低く、死亡率も全年齢層の35.8%に比べ高齢者は43.8%と高い。

 その理由として加齢に伴う全身の生理学的予備能の低下、合併症の頻度の上昇、脳組織や脳血管の脆弱性の亢進などが考えられるが、抗血栓薬の服用による凝固異常も大きな因子という。

 同じデータバンクによれば、頭部外傷を受傷した高齢者の抗血栓薬服用率は31%と高かった(内訳:抗血小板薬のみ17%、抗凝固薬のみ9%、両剤併用5%)。しかも、抗血栓薬を服用している高齢者の頭部外傷では服用していない高齢者に比べ出血性病変の出現率が有意に高率であり、来院時は会話可能なものの短時間で急速に意識障害が進行するTalk and Deteriorateに至る割合も有意に高かった。

 末廣氏は「高齢者の頭部外傷は、転倒・転落といった低エネルギー外傷が多いにもかかわらず予後は悪く、抗血栓薬の服用が重症化の要因になっている。このような高齢者の頭部外傷の危険性と迅速な対応の必要性を社会に啓発する必要がある」とキャンペーンの主旨を解説した。「Think FAST」とは、「Think First Anti-coagulants/ -platelets in Senior neuroTrauma patients.」を略したものだ。

 キャンペーンの実行委員長は今期の学術集会長を務めた山口大学脳神経外科教授の鈴木倫保氏で、日本脳神経外科学会、日本救急医学会、日本脳神経外傷学会、日本脳卒中学会、日本循環器学会が後援する。

 一般市民に対して、(1)抗血栓薬の適切な服用の重要性、(2)高齢者の転倒・転落による頭部外傷の危険性(特に抗血栓薬服用者)、(3)頭部打撲時の適切な対処法(医療機関の受診)――などを啓発していく計画だ。

 また医療側に対しても、抗血栓薬服用中の頭部外傷患者は軽症であっても医療機関を受診する必要があることを周知するほか、頭部外傷患者に対する迅速な画像診断や厳重な神経症状の観察、抗血栓薬を服用している外傷性頭蓋内出血患者に対する適切な中和剤の使用を呼びかける。さらに、抗血栓薬服用者の頭部外傷の疫学調査や病態の解明、診療ガイドラインの作成なども検討している。

詳しくはこの文字をクリック

レコーダー、作業療法士が解析 高齢者運転外来 大分の病院 /福岡

毎日新聞2018年3月21日 地方版

★考察

運転力については個人差が大きく、高齢者でも全く問題ない人もいれば、若くて自称「運転がうまい」ひとでも危険な人はいる。
しかしある程度の境目は必要だろう。
実際に運転が危険な人も「納得できれば」免許返納も考えると思う。
しかし運転できないと大きな生活の不安があることも本当だ。
可能なら一人乗りの電気自動車を運転できるように対策を取れば私なら運転免許を返納しても良いと思う。

ここまで考察★

昨年の自主返納は42万件
 高齢ドライバーの事故防止策で運転免許証の自主返納が広がる一方で、運転を続けたい高齢者と、返納を勧める家族との間でこじれるケースもある。そんな中、医療機関で高齢者の日常の運転ぶりを見極め、車との付き合い方を助言する専門職の取り組みが始まっている。【青木絵美】

 大分市の井野辺(いのべ)病院は昨年4月からドライブレコーダーを使った「高齢者自動車運転外来」を始めた。対象は、明らかな認知症の診断は付けがたいものの、運転に何らか問題を抱えていたり、家族が心配していたりする外来患者。

 診察や記憶能力をみる検査に加え、ドライブレコーダーを1週間貸し出して普段の運転の様子を撮ってもらう。映像は作業療法士が解析し、本人や家族が一緒に確認して運転の中止や、交通量の多い場所を避けて乗るといった車の使い方を見直す材料にする。

 運転外来は、病院で12年前から続けてきた脳卒中患者向けの運転再開支援のノウハウを生かした。レコーダーのカメラは道路側と車内向きにも取り付けており、眼球の動きやハンドルの動かし方などドライバーの様子から、紙上の検査では見えにくい障害の把握も期待できる。

 現時点では、この外来で作業療法士の関わりに医療保険の診療報酬が適用されず、画像解析の負担も大きいなど普及に課題はある。それでも、病院リハビリテーション部の作業療法士、久保田直文さん(36)は「『運転が危ない』と言うだけでは本人が納得せず怒ってしまうこともあるが、実際の生活での運転映像で見ると、本人も家族も一緒に気づくことがある」と意義を強調する。

 警察庁のまとめによると、昨年1年間の運転免許証の自主返納は42万3800件で前年より2割以上増えており、返納は選択肢として定着しつつあるが、公共交通網の乏しい地方などでは生活の質にも直結し、なかなか踏み切れない。

 福岡市認知症疾患医療センターを置く九州大病院の小原知之講師(精神病態医学)は「運転は認知機能だけでなく、視野や聴力、急ブレーキを踏む体の機能も求められる。日常の生活能力の低下を見て、トータルで説得していくことが大切だ」と指摘した。

詳しくはこの文字をクリック

「感情労働」とは? | 感情労働の職種とストレスについて

★考察

ある種の職業「サービス業、営業、教師、医療、介護」は感情労働と呼ばれる。
以下に説明がある。

「感情労働」が必要な職種として代表的なものは、「看護師」などの医療職や「介護士」などの介護職、「客室乗務員(CA)」だといわれています。

相手=顧客の精神を特別な状態に導くために、自分の感情を誘発、または抑圧することを職務にする、精神と感情の協調が必要な労働のことをいいます。

感情が労働内容にもたらす影響が大きく、かつ適切・不適切な感情が明文化されており、会社からの管理・指導のうえで、本来の感情を押し殺して業務を遂行することが求められます。

体を使った作業を賃金に変える「肉体労働」、頭を使って創出したアイデアなどを賃金に変える「頭脳労働」に対して、「感情労働」とはその名の通り、感情を抑えることで賃金を得ます。このように、対人の仕事につく人の多くが、決められた感情の管理を求められ、規範的な感情を商品価値として提供しているのです。

上記引用

このように感情を制御することで成り立っていると何処かに弊害が出てしまうこともある。
そのときに「自分を確立」して「適切な自己中心的」な振る舞いが求められる。

「いま感情を抑制しているな・・・」とか
「あるべき姿を演じているな・・・」のように客観的に対応できたら良いと思う。

ここまで考察★

詳しくはこの文字をクリック

3月人口推計 75歳以上、高齢者の半数超 今後も拡大へ

総務省が20日公表した3月1日時点の人口推計(概算値)によると、75歳以上の後期高齢者は1770万人で、
65~74歳の1764万人を上回り、高齢者全体の半数を超えた。人口推計で75歳以上が65~74歳を上回るのは初めて。

75歳を過ぎると寝たきりや認知症など心身が衰えやすくなり、社会保障費の膨張が国と地方の財政を圧迫する中、安定的な医療、介護制度の構築が課題となる。

3月1日時点の総人口(1億2652万人)に占める75歳以上の割合は14.0%。
戦後間もないベビーブーム期に生まれた団塊の世代全員が2025年に後期高齢者になるなど、今後もこの割合は拡大する見込みだ。

推計によると、75歳以上のうち男性は693万人、女性は1077万人。85歳以上は男性173万人、女性387万人の計559万人だった。

年代別の総人口に占める割合は、15歳未満が12.3%、15~64歳が59.8%、65歳以上は27.9%だった。(共同)

詳しくはこの文字をクリック

亡くなった親のタンス預金 遺品整理業者がネコババしている可能性も

●考察

実際の片付けの現場でも現金が出てくることは毎回だ。
しかしこれほど高額な現場になったことはない。
金額の大小はここでは問題にしないが記事にある通り
「なんとかしたいが事情で止む無く自宅に置いている」という現状は理解できる。

お金の置き方も「間口の広いザルのような容れ物に入れている」や
テーブルの端っこにまとめてある、
一番多いのは小銭を透明ビニール袋に入れている、だった。

バラけてしまいたくない。
どこに容れたか忘れたくない。
そういう気持ちの現われだ。

ここまで考察●

詳しくはこの文字をクリック