自民党 後期高齢者医療 2割負担提案へ 財政検討小委

国の財政健全化策を検討する自民党の財政構造のあり方検討小委員会(小委員長・小渕優子元経済産業相)は27日の会合で、後期高齢者医療制度の自己負担を2割に引き上げることなどを盛り込んだ中間報告案を大筋了承した。

 現在は原則1割の窓口での自己負担について、2割に引き上げるよう政府に求める。医療保険分野の歳出抑制にも言及した。

 政府が夏に取りまとめる新たな基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化目標に反映させたい考えだ。29日の党財政再建に関する特命委員会(委員長・岸田文雄政調会長)に報告する。【小田中大】

詳しくはこの文字をクリック

JR東日本、越谷に子育て・高齢者支援施設

 JR東日本は4月1日、子育て支援と高齢者福祉の複合施設を埼玉県越谷市に開設する。越谷レイクタウン駅近くに保育園や学童保育施設、デイサービスなどを併設。10月には武蔵浦和駅(さいたま市)近くにも同様の施設を開業させる見通しだ。子供と高齢者など多世代交流を促し、暮らしやすい沿線づくりにつなげる。

 施設名は「コトニア越谷レイクタウン」と「コトニア武蔵浦和」。JR東日本は2013年から首都圏で同様の複合施設を開設している。埼玉県内への進出は初めて。

 越谷市では武蔵野線高架下に定員90人の認可保育園と学童保育施設、一時預かり保育や育児相談などに応じる保育ステーションを設置。園庭を挟んだ土地には機能訓練型のデイサービス施設を設ける。子供と高齢者が交流できるイベントの実施なども想定する。

 さいたま市では武蔵浦和駅近くの埼京線沿線の土地を活用する。4月1日に認可保育園と学童保育施設を設け、10月に運動型デイサービス施設を開業させる予定。両施設の間には園庭や菜園を設け、多世代が一緒に作業できるようにする。

高齢者が転倒したら…速やかにチェックすべき4つのポイント

 後々のダメージが深刻になることもある高齢者の転倒。転んだ親本人が対処できないことも多いだろう。家族としては慌てずに、適切な対処をしたいところ。そのために速やかにすべきこと、やってはいけないことを頭に入れておきたい。

「速やかにチェックすべきは骨折や脳の損傷がないかどうかです」と、セコム医療システム取締役 ケアサービス部の武石嘉子さんは言う。

「これらがある場合、動かすことで状態が悪化することがあるので、できるだけ転倒したときの姿勢のまま、

【1】意識の有無
【2】骨折による腫れ、変形、機能障害があるか
【3】嘔吐、出血があるか
【4】痛み、吐き気、不快感があるかをチェックしてください。

1つでも当てはまれば、緊急の処置を要する可能性があります。落ち着いて救急車を呼びましょう」

 一見して大きなダメージが見られなくても、簡単に対処不要と判断するのは不安だ。

「頭を打ったときによく発症する硬膜下血腫は、脳からの出血が頭蓋骨のすぐ内側の硬膜下にたまり、脳を圧迫するもの。出血が急激に起こる急性硬膜下血腫は、すぐに意識障害などが起こりますが、ジワジワと血腫ができる慢性硬膜下血腫の場合は、打撲した直後は無症状。打撲から数週間~数か月後に頭痛や嘔吐、認知症のような症状が出ます。

 転倒後に異状がなくても、頭を打っている場合はできるだけ早く検査のできる病院を受診しましょう。さらに判断に迷うときは、かかりつけ医や訪問医、訪問看護師に相談を。善後策を提案してくれるほか、病院への橋渡しもしてくれます」

 また離れて暮らしている場合は、親がひとりで転倒するような状況も心配だ。

「高齢者は転んだ状態のまま動けなくなることがあります。独居の室内で転んで身動きが取れず、脱水、衰弱状態で数日後にやっと発見されるケースも少なくありません。室内の数か所に電話の子機など連絡手段の配置や、足元照明を設置するなどの工夫を。特に夜間のトイレは転倒リスクが高いので、夜間だけおむつなどを使うのも1つの方法です。また緊急時、近所の人に入室して助けてもらえるよう、事前に入室方法などを相談しておくのも安心です」

詳しくはこの文字をクリック

人のいい高齢者から数千万円奪い取る証券会社と銀行…危険な金融商品を「情」で営業

★考察

実際に高齢者と接しているとみなさん「頑張っている若い人」にめっぽう弱い。
お願いすると「いいよいいよ」とそれでいいよ肯定してくれる。

今回の案件も「売ってこい」という会社の指示が大きな背景にある。
「売上偏重体制」とでも表現するこの時代は長くは続かない。

何処かで振り返るときにそのおおきな「過払い状態」にもにたことから脱却するには長い時間がかかるだろう

ここまで考察★

詳しくはこの文字をクリック

茅ヶ崎市コンビニと高齢者見守り セブンに続きローソンも

考察
高齢者の生活を守る最後の砦はコンビニエンスストア
ここで買い物ができないと高齢者の生活は危機を迎える。
大げさではなくて「危機」なのだ。

その砦が来店割合の4割に迫る高齢者に配慮することはWin-Winの関係になる。
ここまで考察

https://www.townnews.co.jp/0603/2018/03/23/424889.html