認知症高齢者らの再犯防止 条例制定へ初の検討会

 認知症の高齢者や知的障害者らが万引などの犯罪を繰り返すことが社会問題となる中、兵庫県明石市は31日、全国初となる「再犯防止条例」の制定を目指し、兵庫県水産会館(同市中崎1)で検討会の初会合を開いた。同市は、福祉面の支援による再犯防止に力を入れており、地域での見守りなどを条例に盛り込むことで、元受刑者らの円滑な社会復帰を図る。

★考察★ 
記事中に
「就労先の確保や就職先への定着、専門的な人材養成、市民の協力体制構築といった課題」をどのように解決していくのか。が何より大切だ。

生活や将来の不安から積極的になり辛いこともあるんだろう。
そこにいかに踏み込み具体的な実効性のある支援を検討してもらいたい。

★ここまで考察★

詳しくはこちらをクリック