高齢者介護施設で3億円余不正受給 栃木県が行政処分

栃木県壬生町の社会福祉法人が高齢者の介護などを行う施設で、
必要な基準を満たした医師を配置していないのに、報酬など合わせて3億3000万円余りを不正に受給していたとして、
栃木県は法人に対して6か月間、報酬の請求を制限する行政処分を行いました。

★考察★ 

介護施設での請求に関しては明確な規定がある。
「返戻」や「ミス」があると今回のようにペナルティーがある。
各資格保持者の資格証を確認していければこのようなことがなかったのだと思います。

★ここまで考察★
詳しくはこちらをクリック