10分で理解するデジタルの「旬」

加速する少子高齢化に“打ち手”あり!
デジタル技術が可能にする安心な暮らし

★考察★ 

本文に「見守りは3種類:東京福祉保健局」
1地域住民の「緩やかな見守り」
2民生・児童委員などがが訪問する「担当による見守り」
3困難ケースに専門職員が行う「専門的見守り」
がある。
大部分を占める「1:穏やかな見守り」の重要性からデジタルテクノロジーでセンサー設置などを実現する動きがある。
と報じている。

センサー設置は重要だが、これまでの地域との関わりや生活のありかたなども重要な要素である。

「遠くの親類より近くの他人」の存在こそ、これからは重要だ。

★ここまで考察★
詳しくはこちらをクリック/