高齢者ケアで東京より圧倒的に先へ進んだ被災地 少子高齢化時代にお年寄りの健康を守る注目すべき取り組み

★考察★ 
被災地である相馬市にある井戸端長屋
ここで高齢者同士が互いに支え合うシステムで共同生活が進んでいる。

「高齢者同士の支え合い」だ。

首都圏などは高齢者は日本全体の25%の850万人の高齢者が住んでいる。
また一人暮らしは47%と非常に高い。

若者は東京から生活しやすく物価が現実的な千葉埼玉神奈川に流出。
独居高齢者は増える一方だ。

中央大学教授は、2040年には20万人が孤独死すると警鐘を鳴らす。
交通事故死者数が年間約4000人であり、その比較は恐ろしいことになる。

以下のような考えにもう一度耳を傾けて欲しい

「現実的な対策は、家族以外の高齢者が高齢者の面倒をみることだ。相馬市のような住宅コミュニティの活用は有効な一策だ」

↓ 港北区限定!プラチナ世代交流フリーペーパーえがお はその先端を走る。
港北区限定!プラチナ世代交流フリーペーパーえがお

高齢者情報ニュース

★ここまで考察★
詳しくはこちらをクリック6

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください