★皆さんのご意見をお願いします★ 困窮者向け住居 新制度を検討 高齢者増、生活支援重点

★皆さんのご意見をお願いします★

困窮者向け住居 新制度を検討 高齢者増、生活支援重点

☆考察

生活がこんな人向けの生活場所は現在でもあるが残念ながら残念ながら「貧困ビジネス」の温床になっている。
環境が悪く、費用は制度の上限がかかる。

とは言うものの実際には、問題ある環境で暮らしている人はいるので「制度だから」と切り捨てるわけにも行かない。
そこで

新制度の概要ははっきりしないが多くの改善点とともに「そこで生活する人」への支援を継続することを主眼にして欲しい。

【ことば】無料低額宿泊所

社会福祉法に基づき、無料や安い家賃で生活困窮者向けに一時的な住まいを提供する施設。
ホームレス支援策として1951年に制度化された。
厚生労働省の調査では、全国537施設で1万5600人が生活。
生活保護受給者が1万4143人と9割を占める。
65歳以上の高齢者が4割に上り、大半は単身者で、介護の必要な利用者も多い。
自治体への届け出だけで開設できるが、無届け施設も1236施設と届け出施設の2倍以上ある。

https://mainichi.jp/articles/20171205/k00/00m/040/120000c

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください