高齢者に健康食品送りつけ代金詐取の疑い、男女11人逮捕

 高齢者に健康食品を送りつけ代金をだまし取ったとして、男女11人が警察に逮捕されました。
 逮捕されたのは、埼玉県草加市に住む無職・金子和弘容疑者(51)ら男女11人です。去年12月ごろから今年4月ごろまでの間、大阪府に住む80代の女性ら3人に「注文を受けていた商品ができあがりました」などとうその電話をかけ、頼んでいない健康食品を送りつけ現金およそ8万円をだまし取った疑いが持たれています。
 警察によりますと、金子容疑者らは同じ手口で4億円以上をだまし取ったとみられ、商品を送られた高齢者らは全国でのべ1万7000人あまりに上るということです。調べに対し、金子容疑者は、「認否については言いたくない」などと供述していますが、警察は余罪についても調べる方針です。

☆考察
高齢者の方々は今の若者より「お金」に道徳観をもって見ているところがある。
「支払ってください」と言われると「そうですか お支払します」という風潮だ。
若い人だったら「それは購入していないので支払いません」というところだ。

それに「家族が購入したものだろうからお支払しないと」と考えることもある。
家族同士で購入したものを共有するほか、「お金を支払う」場面で周囲とよく相談することも大切だ。

詳しくはこちらをクリック