老人ホームに追加料金の罠 館内移動介助やシーツ交換にも

介護業界では2016年には老人福祉・介護事業の倒産件数は108件と過去最多を更新した。
倒産の原因は、介護報酬のマイナス改定、資金調達力に劣る新規事業者の参入などだ。
有料老人ホームも増えている。

入居者側とのトラブルに成ることが「追加料金」である。
介護サービスを選べる従量制で利用した分だけ料金も加算される。

なかには
「1階にクリニック、2、3階に居室、4、5階に食堂という作りのサ高住の場合、食事介助は介護保険で賄われますが、2階の居室から4階の食堂に連れていくほんの10分ほどの介助は『別料金』ということが起こります。食事介助の付随行為としてカバーされることもありますが、細かい部分は施設によって“解釈”が違うのが現状です」

別な事例では
「病院の送り迎えはパッケージ料金に含まれていますが、病院に入ってからの付き添いは30分単位でお金がかかります。介護度が高まれば、排泄の失敗も頻繁になり、洗濯やベッドのシーツ交換も増えますが、それらも一定の回数を超えると追加料金が発生する施設もあります」
『食べる』『排泄』といったことは削ることはできません。将来の体の状態によって、毎月数万円は別途料金がかかる可能性があるのです」

“追加料金破産”しないよう、追加負担の具体例が細かく記されたホームの「重要事項説明書」を確認しておこう。

入居の際に今は重要事項説明書がありそれに沿って説明していかないと結局は相互理解に及ばないことが考えられる。
また介護業者側にとっては当たり前でも「初めて介護施設を利用する側」にとってはわからないことがある。
例えば「入居施設での往診」は施設の設定したいしである必要はない。
しかし、「施設の医師がおりますが・・・」と説明されれば「その先生でお願いします」となることは多い。
入居される方には「ぜひわからないことは何時間かかってもしっかり説明を求める」姿勢をもってもらいたい。
何よりも大切な「親」(であることが多いと想定しますが)の生活、しいては人生に直接関わるところだからである。
詳しくはこちら/