「保守王国」支える日本一の高齢化村 ロイター通信が群馬県南牧村ルポ配信 高齢者が多い南牧村。

その村での考えかたをロイター通信が独自の見方で報道を行った

内容は
「政権与党とのつながりこそ村が「生き抜く」ためには必要で、自民党の重要な支持基盤になっている」とのことだ

「新党の人々は『日本を変えよう』などと“東京”にとって理想的なことを叫ぶが、ここの住民の心には響かない」と主張し、「田舎の住人には自然災害時などで重要なのは政府との強い結びつき」と話す。

「政権が変わると新政府は旧政府の全てを否定する傾向がある。それを恐れている」とも語っていた。

今回の選挙では与党の大勝でした。
インターネットや目に入る情報では与党大勝のムードを感じることができなかったが環境に変化がポイントもある。

「保守王国」支える日本一の高齢化村 ロイター通信が群馬県南牧村ルポ配信