予防や症状悪化を遅らせるコツは?

精神科医の松本一生さんのコラム

(1)食生活に気を付けましょう

 脳血管性の認知症は食事や生活で血液が詰まりやすくなるようなことは避けましょう。
水分制限されていない限り、食事や飲み物から水分を取ってください。
血糖をコントロールし、血圧の乱高下などにつながる塩分を控えること

(2)運動が大切

少し汗をかく程度の「有酸素運動」を行うことでよい血液循環をたもちましょう。
整形外科的な制約がない限り、炎天下や厳冬を避けて「1日に15分ほど」歩きましょう

(3)人との接触を保つこと

「趣味を持ちなさい」とは言いません。
趣味を通じて仲間とコミュニケーションをとることは脳の刺激にもなります。「みんなと話す機会をもってください」

(4)自分の役割や「生きている意味」を持てるなら最高!

アルツハイマー型認知症の人が「役割り」を前向きにとらえた実例を挙げてわかりやすく説明しています。

予防や症状悪化を遅らせるコツは?
t

☆考察
優しい語り口調とわかりやすい説明、他業種にも配慮していて好感のもてるコラム
医師の話として積極的に考えてみるよい話だと思います。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください