高齢者見守りに関する協定締結について(ニュースリリース)

大和ライフネクスト株式会社とグローバルコミュニティ株式会社は、2017年10月16日、神戸市と「高齢者見守りに関する協定」を締結し、「協力事業者による高齢者見守り事業をおこなうと発表した。

 大和ライフネクストは260,116戸グローバルコミュニティ87,333戸分譲マンションの管理を受託。
協定締結により神戸市内の35,065戸見守り事業の対象となった。

具体的な取り組みとして
1.「あんしんすこやかセンター」への連絡
 マンションのご入居者に日々接する中で、高齢者の異変や心身状況の変化に気がついた際は、「あんしんすこやかセンター」に連絡
2.見守り事業の普及啓発
ステッカーを貼付し見守り事業の普及・啓発
3. 協力事業者間の情報交換
 年1回開かれる協力事業者間の連絡会で情報交換等を行う

高齢者見守りに関する協定締結について

☆考察
このような動きが日本全国に広がることで孤立感の少ない高齢者の生活を支える土台になる。
普及には手間がかかるがぜひ啓発してもらいたい。