元気な高齢者を官民で調査 遺伝?食?秘訣探る

チーズやヨーグルトが好き。肉をよく食べる。体を動かす仕事を続けている。家族と同居し、よくしゃべる。両親の年齢を合わせると180歳超える-。

健康で長生きする人の共通の特徴は?秘訣(ひけつ)は?
慶応義塾大医学部で研究が進む。

親が長生きだ。
動脈硬化や糖尿病が少ない。
生活の自立度が高い。
血液検査での「炎症値」が低い。
健康長寿者の特徴だ。

発想を変え健康長寿を妨げるのは認知症との見方は強い。
自動車運転は事前に運転訓練を事前に行う、トレーニングを行うなどで高齢者の運転技能は向上するという報告がある。

他に、埼玉では「健康長寿埼玉プロジェクト」を実施。
ウオーキングと筋肉トレーニングで健康寿命を延ばすシンプルなものだ。
加須市では同年齢の参加者の交流を重視し、15の施設40のグループがあり、交流そのものが張り合いになる。
トレーニングは無理という人はウオーキングでポイントがたまると抽選で賞品が当たる事業ももあり、約1万7500人が登録。その多くが60、70代の高齢者だ。

「高齢者には筋トレ」が常識の時代が近づいている。

★考察
実際に介護の現場にいると 「元気な人は元気だしそうでない人はそうでない感じ」という印象を受ける。
身体の健康は言うまでもないが「心身の健康」は物事の捉え方やそれに起因する性格が強く影響してると感じます。
「肉が好き」は介護現場でも感じる特徴ですね。
また「好奇心旺盛」な人もご長寿のイメージ。
あとは億劫がらず動き、それでいて自分のペースを守る人。

いま頭のなかで「あの人この人!」ってたくさんの健康ご長寿の人が私に話しかけているようです。

http://www.sankei.com/life/news/171005/lif1710050027-n1.html