法テラス相談1月から拡大 高齢者本人に代わり連絡も

 改正総合法律支援法では「法テラスでは自分で法的サービスを要望できない高齢者や障害者について、福祉機関の職員らが本人に代わって法テラスに連絡し、資力と関係なく法律相談を受けられる」ようになる。
資力に関係なく利用が可能だが、一定の資力がある場合は相談費用が必要になる。

福祉機関の職員にもレクチャーが必要である。
これに対してしっかりとした学びの場を整備してほしい。

法テラス相談1月から拡大 高齢者本人に代わり連絡も

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください