「高齢者の食」の知識を深める認定資格 「シニアフードアドバイザー」制度開始

約1000社が参加し高齢者や障害者支援の環境づくりを進める公益財団法人日本ケアフィット共育機構と江上料理学院は2017年9月19日、シニア世代が安心して楽しい食事ができる基礎知識を学ぶ資格「シニアフードアドバイザー」の認定制度を始めると発表した。
主な内容は、高齢者の体の変化、低栄養や嚥下の予防、シニアフードの調理法(やわらか食・ソフト食・キザミ食・ミキサー食・ペースト食など)、高齢者向け調理器具と食器の知識など。
考察
介護の現場でも特別な設定の食事(小さく刻む とろみをかける ペースト状にする 禁食の対応など)は一定量存在する。
そのときにどうするかは医療などとも相談して徹底できる。
しかし家庭ではどうして良いのか、果たしてそれで正解なのか、よくわからない。
そういう時に指針になるだろう。
またこれから訪問介護などでの「在宅の現場」では需要があるかもしれない。

https://www.carefit.org/sfa/