定年して「暴走老人」にならないための5原則  年を取ったらおカネよりも大事なことがある

「老後の三大不安」と言われるのが「病気」「貧困」「孤独」だ。
病気と貧困。しかし最近問題になるのが「孤独」
「キレやすい老人」問題もあったが最近の刑法犯は高齢者の増加は著しい。
感情を抑制する「前頭葉」の機能低下が原因だと精神科医の和田秀樹氏は分析している。
この問題は「孤独」が脳機能低下とかけ合わさり「刑法犯増加」を原因ではないか?

1.50代になったらなるべく会社の人間とはつきあわない
  ⇒アフターファイブや休日は会社の付き合いと距離を置く
2.昔の友達(小中高時代)との交流の復活
  ⇒SNSとかで比較的簡単にできる
3.新たな趣味にチャレンジする
  ⇒趣味を通じたつながりが増える
4.できるだけ人の世話をする
  ⇒人の役に立つことで、つながりは非常に強くなる
5.好奇心を持ち続ける
  ⇒何事にも興味を持てば人とのつながりも増える

この五箇条が孤独にならない方法である。

http://toyokeizai.net/articles/-/190352?page=2

高齢者の家庭内事故防止見守りガイド

東京都は「高齢者の家庭内事故防止見守りガイド~ヒヤリ・ハットレポート No.14」を作成した。都内在住70歳以上の単身もしくは二人暮らし世帯の家族に見守りや家事支援を行う3000人に対しアンケートを実施。
高齢者の家庭内での危険な事例と効果的な対策をまとめた。

転倒、火の扱い、熱中症、風呂場の事故は注意。
転倒では電気カーペットのコードに足を引っかける、めくれたカーペットの端に足を引っかけるといった事例が挙げられた。気をつける工夫も掲載。
■ニュースリリースはこちら
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/09/14/27.html

★考察
高齢者の転倒は多くの場合は大腿骨折などになってしまう。
その理由がこたつのコードやカーペットのめくれは実際によくあることだ。
掃除機のコードも同様。
若い人には気が付かない僅かな段差なども注意してほしい。
結果的に「高齢者の生活の質」に直結する。

法テラス相談1月から拡大 高齢者本人に代わり連絡も

 改正総合法律支援法では「法テラスでは自分で法的サービスを要望できない高齢者や障害者について、福祉機関の職員らが本人に代わって法テラスに連絡し、資力と関係なく法律相談を受けられる」ようになる。
資力に関係なく利用が可能だが、一定の資力がある場合は相談費用が必要になる。

福祉機関の職員にもレクチャーが必要である。
これに対してしっかりとした学びの場を整備してほしい。

法テラス相談1月から拡大 高齢者本人に代わり連絡も

「働く高齢者」は金のなる木 年金減額で国庫に毎年1兆円

年金受給者は一定の所得控除を受けられる。
労働者の同じ収入よりも優遇されている。
しかし公的年金等控除見直しが報じられた。
この公的年金等控除が縮小・廃止だと高齢者には所得税・住民税の大増税になる。
年金75歳支給へのカウントダウンも始まった。
「人生65年時代」から「人生90年時代」への転換だ。
65歳以降は合計月収46万円までは年金減額されない。
しかす64歳以下は給料、年金の合計月収が28万円を超えると年金が減額される。
その額7000億円。
今後は65歳以上も年金減額を廃止する動きもある。

ますます生活しにくい高齢者が増えるように感じる。
一定の生活水準を保てる人は良いが「本当にギリギリ」の人はどのように暮らしていけばよいのだろうか?
「65歳以上でも若くて元気」は大変好ましい。
しかし「いつまでも現役と同じ水準を国に収めてください」というのは大幅なムダをカットしてからだろう。
まずは経費の無駄使いをしっかりと管理してほしい。

「働く高齢者」は金のなる木 年金減額で国庫に毎年1兆円

シニア生き生き 詩吟や体操披露 健康祭にぎわう

13の団体がステージで日頃の成果を披露した。
また手芸品の販売、健康マージャン体験などたくさんの催し物。
次回は11/4午前10時~午後3時には、関連イベントの「はつらつ健康フェスティバル」が太白区の市体育館で開かれる。
考察
このようなことを日頃から行うには「楽しめる情報交流」がポイントになる。
「よかったら来てください」や「リーダーの許可がないと」という閉鎖的な空間に人は集まらない。
迎え入れる側の姿勢や継続できる雰囲気作りがグループ側に求められる。
その上で活動を活発していくと「参加自体が生きがい」という状態も可能だ。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170924_13055.html